フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より金澤の部 瀨戸明神社 | トップページ | 橋本多佳子句集「海彦」 巻頭 夏一句 歎きゐて虹濃き刻を逸したり »

2014/08/21

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十五章 日本の一と冬 日本婦人/野菜市場/玩具/綾取

M461

図―461

 先日日本人の教授夫妻が私の宅を訪問し、私は細君に頼んで写生することを許して貰った。この写生図の顏は、彼女の美貌を更に現していない(図461)。また私は日本の赤坊が熟睡しているところを写生することが出来た。

M462

図―462

 人は市場を何度も訪れて、そしてそれ迄に気のつかなかったことに気がつく。何から何まで芸術的に展示してあることと、すべてがこの上もなく清潔なことには、即座に印象づけられる。蕪や白い大根は、文字通り白くて、ごみは全然ついていなく、何でも優美に結ばれ、包まれている。隠元豆は、図462に示すように、藁でしばって小さく梱(か)らげる。

[やぶちゃん注:「白い大根」原文は“white radishes”であるが、後に「第二十三章 習慣と迷信」では“daikon, a kind of radish,”と記している(そこでは石川氏はただ「大根」と省略してしまっておられる)。

M463

図―463

 機械的の玩具は、常に興味を引く。構造はこの上もなく簡単で、その多くは弱々しく見えるが、而も永持ちすることは著しい。図463の鼠は、皿から物を喰い、同時に尻尾を下げる。横にある竹の発条(ばね)は、下の台から来ている糸によって、鼠に頭と尾とを持上げた姿をとらせているが、発条を押す瞬間に糸はゆるみ、頭と尾が下り、そして頭は皿を現す小さな竹の輪の中へ入る。鼠には色を塗らず、焦がした褐色で表面をつくってある。日本人はこの種類の玩具に対する、非常に多くの、面白い思いつきを持っている。それ等の多くは、棒についていて糸で動かし、又は我国の跳びはね人形のように動く。

[やぶちゃん注:「跳びはね人形」原文“jumpingjacks”。紙や木で出来た人形や動物で、下がった紐を引っ張ると手足をバタバタと動かすように細工された玩具。玩具販売サイトのここに『ドイツ語圏では「ハンペルマン」と呼ばれ、ヨーロッパでは古くから親しまれている木のおもちゃで』あるとして、オーストリアのザルツブルグにある Gschnitzer Manufactur (シュナイザー社製)のジャンピング・ジャックの商品写真がある。グーグル画像検索「umpingjack(この単語は元来が「挙手跳躍運動」の意であるのでそれ以外の)を見ると、構造や作り方を説明する英語サイトも多くあることが分かる。]

 

 玩具や遊戯の多くは、我国のに似ているが、多くの場合、もっとこみ入っている。一例として綾取(あやとり)をとれば、そのつくる形は、遠かに我々以上に進む。日本人は舵で種々なものをつくるが、それ等の多くは非常に工夫が上手である。普通につくられる物はキモノ、飛ぶ鷺、舟、提灯、花、台、箱であるが、箱は、我々が子供の時、捕えた蠅を入れるためにつくつた物とは、全く相違している。

[やぶちゃん注:「綾取」原文は“cat's-cradle”(猫の揺り籠)。私は五十七になる今日まで多分、遠い昔、母と一度だけやった微かな記憶がある。調べてみたら、何と、「国際あやとり協会」“International String Figure Associationという協会のもの凄いデータ量を持った公式サイトを見つけた。演などの紐の形など、詳しくはこちらを。さらにここにはまさに『モースの見た「綾取り」』(トピックスの123)がある!]

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より金澤の部 瀨戸明神社 | トップページ | 橋本多佳子句集「海彦」 巻頭 夏一句 歎きゐて虹濃き刻を逸したり »