フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 15 北上川舟下りⅢ | トップページ | 龍舌蘭   山之口貘 »

2014/08/01

お金の種類   山之口貘

 お金の種類

その日その日の

口にさへ追はれてゐるところへ

税務所からはなんとか

はやく納めてもらひたいと来るのだ

そこへ娘の学校は学校で

滞納の月謝五ヶ月分を

大至急御送付下さいと来て

おまけに女房が

病気で倒れる始末なので

しばらくの間を待つてもらいたい■たのんだが

なんともお気の毒ながら

金は金だからなんとかしてもらひたいと云ふのだ

 

[やぶちゃん注:■については底本の思潮社二〇一三年九月刊「新編 山之口貘全集 第1巻 詩篇」では、『と』と推定している。同解題では『掲載紙不明』とする。

 本詩について創作年次を考証してみる。

 バクさんの随筆「関白娘――可憐なる関白と貧乏詩人」(昭和二七(一九五二)年十月二十五日号『サンデー毎日中秋特別号』掲載。旧全集では「第二巻 小説」所収)の中で、当時、名門私立大学の付属小学校に通っていたミミコ(泉)さんが、二年生の学年末と三年生の四月の学期始めに、滞納している学費五ヶ月分(本文では四千円とある)についての催促状を学校から貰ってバクさんに渡すシーンが出てくる。泉さんは昭和一九(一九四四)年三月生まれで、バクさんはこの「関白娘」の中で、作中のミミコさんを『いまは、小学三年生なのだ』とするから、これは事実なら(昭和二七(一九五二)年の四月以降の情景ということになり、初出である同年秋という時制と完全に一致することが分かる。

 「関白娘」にはミミコさんが『過日、池袋の西武百貨店で、沖縄舞踊の紹介並びに、織物の展覧会のあった際にも、こころよく色々のことを手伝い、舞踊の手伝いにも出て曲がりなりにも十五日の間、舞台にも立ったし、ついこの間は、NHKのテレビジョン実験放送のためにもたのまれたりして、顔には、どうらんを塗り、沖縄の女性に装って踊ったり、詩など朗読したり』したとあるが、旧全集年譜の昭和二七(一九五二)年(バクさん四十九歳)の条には、『夏、沖縄展(於西武デパート)に出席。期間中毎日琉球舞踊を踊る。』『九月、NHKテレビの実験放送時代』(NHKは昭和二三(一九四八) 年六月に戦後初めてのテレビ公開実験を行った後、昭和二七(一九五〇)年二月にはNHK放送技術研究所内にテレビ実験局を開設、同年十一月より毎週一日だけ三時間の定期的実験電波を発射していた。本放送の開始は昭和二八(一九五三) 年二月一日であった)、三十分『番組「沖縄舞踊」に南風原朝光と共に出演』とある(南風原朝光(はえばるちょうこう 明治三七(一九〇四)年~昭和三六(一九六一)年)は洋画家。昭和四(一九二九)年に日本美術学校を卒業し、沖縄へ帰郷するも翌年再び上京、公募展に作品を発表する傍ら、バクさんとともに沖縄の伝統文化の紹介に尽力、戦後、帰郷して「とまり劇場」を設立、伝統芸能の振興にも尽くした。静物画と風景画を得意とした。バクさんより一つ下の同学齢)。これからも「関白娘」は小説ではなく、そこに書かれた内容も実際の事実と完全一致することが分かる(因みに、この「関白娘」はすこぶる面白いエッセイである。学費の督促状を持って帰るミミコさんや、彼女が学校のお友だちのうちにはピアノがある、「おとうさま、ミミコのうちにも、ピアノはほしいわ。」というシーン、バクさんが二冊の予定された著作が出版社が潰れて払えなくなっただのという弁解をし、金策のために借金に奔走するという内容は、本作が冒頭、ミミコさんをネタに物を書くバクさんに抗議をするミミコさんから始まるのを思うと、何だかなぁ、と感じさせるところのあきれた面白さ、という意味で、である)。

 これらを総合すると、本詩はミミコさんに督促状が届いた昭和二七(一九五二)年三月三月末以降、極めて酷似した内容を持つ随筆「関白娘」が書かれた翌昭和二七年秋から年度末頃までの創作と推定される。詩をさしおいて同内容の文をバクさんが認めて発表するというのは、私の感触では〈バクさんらしくない〉。とすれば、私は二度目の督促でミミコさんへの哀れな気持ちから金策に尻を上げざるを得なくなった時期、即ち、昭和二七(一九五二)年四月以降、その詩想が「関白娘」というエッセイへと向いていったであろう同年の夏の終わり辺りまでの五ヶ月間まで、創作時期を絞ることが出来るように思われる。

 本詩は内容を見ても、これは定稿とはちょっと思われない。バクさんの貧乏詩借金詩特有の、あのポジティヴで強靭な〈生の張り〉が如何にも弱く、散文的に流れてしまっているのである。だからこそ、これは詩ではだめだと、バクさんは見切ったのではなかったか? 私はこの五ヶ月間のかなり早い時期に、バクさんは本詩想を「関白娘」へのエッセイ化へと路線変更したのだと思うのである。その場合、この詩のような、ミミコさんの学費滞納と税金滞納が並列になることは許されなかった――それは〈可憐なる関白娘のデリケートな心を震わせた一大事〉を、〈たかが税金の滞納なんど〉と並列することはバクさんには出来なかった――のではなかったか?――事実、「関白娘――可憐なる関白と貧乏詩人」には税金滞納の件は一言も出てこないのである――]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 15 北上川舟下りⅢ | トップページ | 龍舌蘭   山之口貘 »