フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「海彦」  片蔭 | トップページ | 藪野唯至選 橋本多佳子句抄 (PDF版) »

2014/08/29

杉田久女句集 268  花衣 ⅩⅩⅩⅥ  水郷遠賀 十一句

  水郷遠賀 十一句

 

萍の遠賀の水路は縱横に

 

菱の花咲き閉づ江沿ひ句帳手に

 

菱刈ると遠賀の乙女ら裳を濡すも

 

[やぶちゃん注:後掲される、

 

菱採ると遠賀の娘子(いらつこ)裳(すそ)濡(ひ)づも

 

の句の推敲形の一つ。そちらの注を参照されたい。]

 

菱の花引けば水垂る長根かな

 

水ぬるむ卷葉の紐の長かりし

 

水底に映れる影もぬるむなり

 

靑すゝき傘にかきわけゆけどゆけど

 

泳ぎ子に遠賀は潮を上げ來り

 

千々にちる蓮華の風に佇めり

 

藻鹽焚く遠賀の港の夕けむり

 

もてなしの蓮華飯などねもごろに

 

[やぶちゃん注:「蓮華飯」ハスの実はまだ青いうちは食用になる。ネット上では発案者を横浜三溪園園主であった原富太郎(慶応四(一八六八)年~昭和一四(一九三九)年)とし、また以下のようなレシピを見つけた。実の固い皮を剥いた後、さらにその下の薄皮も剥き取り、出汁でさっと煮ておく。器にご飯と蓮の実を入れて出汁をはり、千切りのしその葉を添えて供する。『蓮の実の仄かな香りとシャキっとした食感でとても美味しくいただけ』るとある(tokeiji 氏の個人ブログ「まつがおか日記」の蓮華飯に拠る)。但し、蓮華の実を食用とする習慣は汎アジア的に古くからあり、この久女の「蓮華飯」もそうした伝統に基づくものであって、原三溪のそれとは思われない。]

« 橋本多佳子句集「海彦」  片蔭 | トップページ | 藪野唯至選 橋本多佳子句抄 (PDF版) »