フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「アンソロジーの誘惑/奇形学の紋章」(俳諧篇・俳句篇・近現代詩篇)PDF各分割版 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第十一章 雌雄の別 三 局部の別 (2) 驚きのファルス群! »

2014/08/17

環境省は東宝怪獣映画の科学者並である

外部からの移入種は見た目の環境を破壊しなくても、生態系全体の遺伝子プールに甚大な攪乱を引き起こすから、これは駆除しなくてはならぬ。しかし、その場合、人海戦術で慎重にマニュアルな駆除をしなければならぬ。温水流入を遮断して水温を一気に下げて駆除するという、この野蛮な非科学的方法(まるで東宝特撮映画で科学者が怪獣を撃退するのにやらかしそうなことだ)が立派な「環境破壊」であることに環境省は何故気づかないのか?! それによってカワニナやその他の微小生物が同時に絶滅する。――環境破壊を防ぐという名目で人為が加えられることによって、更なる致命的な環境破壊が連鎖的に生じてしまうという、人類の愚行の象徴がこの一件にはっきりと現われている。
朝日新聞デジタル記事
長野)上高地の外来ホタル駆除へ 環境省
http://digital.asahi.com/articles/ASG494W3NG49UOOB00P.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG494W3NG49UOOB00P
 北アルプス・上高地(松本市)に生息する外来種のゲンジボタルについて、環境省が駆除に乗り出すことが9日、分かった。同省上高地自然保護官事務所は「本来そこに存在しないはずのホタルが、外部から持ち込まれたとみられる。放置すれば、生態系に悪影響を及ぼす可能性がある」と話している。
 安曇野市のNPO「野生生物資料情報室」(植松晃岳代表)によると、ゲンジボタルは上高地の河童(かっぱ)橋から梓川沿いに約1・2キロ下った池周辺に数百~数千匹生息。NPOは4年前に調査結果を発表し、同省に駆除を提案していた。
 上高地は中部山岳国立公園の特別保護地区で、国の特別名勝や特別天然記念物に指定されており、現状変更には許可が必要。同省は、温泉水が水路を通じて池に流れ込み、ゲンジボタルの生息に適した環境が出現していると判断。温かい水の流入を止め、池の水温が下げることで駆除する方法を検討中という。
 NPOによると、ゲンジボタルは2000年ごろ、確認された。6月末~7月は夜空に光るホタルが鑑賞できるため、10年ほど前から、宿泊施設がガイドツアーを企画している。

« 「アンソロジーの誘惑/奇形学の紋章」(俳諧篇・俳句篇・近現代詩篇)PDF各分割版 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第十一章 雌雄の別 三 局部の別 (2) 驚きのファルス群! »