フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 59 高田 薬欄にいづれの花をくさ枕 | トップページ | 飯田蛇笏 山響集 昭和十二(一九三七)年 冬 Ⅰ »

2014/08/22

耳嚢 巻之八 思念故郷へ歸りし事

 思念故郷へ歸りし事

 

大番與力勤(つとめ)ける横田某かたりけるは、二條、大阪在番の留守は、組屋敷の惣門(そうもん)も嚴重にて、番人も猥(みだ)りの者は斷(ことわり)なくては不通(とほさず)。しかるに明和安永の頃、在番に登りし酒井小七と云へる同心、其時(そのとき)にあらずして暮過る頃、惣門へ來りて、通るべき由申ければ、番人も組内の者ゆゑ不疑(うたがはず)して通しけるに、其夜小七が妻も、夢うつゝとなく小七が歸り來りしに對面なせしが、何とやら色あしく衰へたる樣に覺へけるに、あけの日、上方より書狀來りて、右小七在番先にて病死せしとなり。文化五年にも、松山彌三郎といへる同心二條にて病死せるに、横田歸り聞(きけ)ば、彌三郎病死の砌(みぎり)、江戸惣門の門番、彌三郎が歸り來る事を留守宅ヘ告(つげ)しが、留守へ人魂(ひとだま)來りて屋(や)の棟(むね)を徘徊せるを見候者ありと語るを聞(きき)て、兩度まで右の事あれば、意念の歸り來る事もある事とかたりぬ。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:怪異譚三連発。亡魂の帰郷という本格幽魂物で、まさに都市伝説のプロトタイプともいうべきものである。

・「大番與力」「大番」は将軍を直接警護する現在のシークレット・サーヴィス相当職であった五番方(御番方・御番衆とも言う。小姓組・書院番・新番・大番・小十人組を指す)の中でも最も歴史が古い衛士職。「大番與力」は大番頭与力で、一組に附き、十騎(「騎」与力の数詞)配属された。

・「二條、大阪在番」上方在番と総称された二条在番と大坂在番。老中の支配下で、前者は将軍御留守の体(てい)を成すところの京都二条城の警護、後者は大坂城の警備に当たった。孰れも二組ずつの一年交替順番制であったらしい。二条在番は四月が、大坂在番は八月が交替時期であった。

・「明和安永」西暦一七六四から一七八一年。幅があり過ぎるのが嘘臭く、また「卷之八」の執筆推定下限が文化五(一八〇八)年夏であるから、噂話としての都市伝説としてはあまりに古過ぎるが、そこに今年「文化五年」二話目をカップリングする手法はなかなかの作話(であるとすれば)力である。孰れも同一の組屋敷で起きたとする点で、ある種、今流行の心霊スポットのルーツとも言えるのかも知れぬ。

・「同心」大番頭同心。一組に附き、二十人。与力に属して二の丸銅門の警備に当たった(以上の役職については主に北畠研究会のサイト「日本の歴史学講座」の江戸幕府役職事典」を参照させて戴いた)。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 望郷の念抑えがたくして魂の故郷へ帰ったる事

 

 大番頭与力を勤めたことの御座る横田某(ぼう)殿の語った話で御座る。

 京二条城及び大阪在番に上っておる者の留守は、江戸組屋敷の総門の開け閉めも厳重にて、番人も濫(みだ)りに人を通さず、通常は、いちいち相応の訪問の訳を問い質さぬうちは中(なか)へ入れぬようになって御座った。

   *

 然るに、明和・安永の頃のこと、在番に上って御座った酒井小七と申す同心、在番中なれば、本来、ここに居らぬはずにも拘わらず、その日の暮過ぎた、大分もう、辺りも暗(くろ)うなっておった時分に、突然、ぬっと総門へ来たって、

「……罷り通る……」

と申したによって、番人も、確かに組内の酒井小七に間違いなきゆえ、何ぞ、余程の火急のこと御座って江戸へ立ち帰られたものと存じ、さしたる疑いも抱かず、早々に通して御座ったと申す。

 その夜のことで御座った。

 組屋敷内の小七が妻は、夢うつつとのぅ、小七が帰って参って、對面致いたと申す。……

……ところが夫は……

……何やらん、顔色も悪う……

……ひどく痩せ衰へた姿と見えた……

……と……

……気づけば、妻は……

……座敷に一人座って御座ったに心づいたと申す。…………

――翌日、上方より書状の来たって、

――右小七、在番先にて病死せり

とあった。…………

   *   *

 文化五年にも、松山弥三郎と申す番頭同心、二条在番方にて病死致いたところが、横田が交替となって江戸組屋敷にたち帰って聴いた話によれば……

――弥三郎病死の砌り、やはり同じき江戸組屋敷の総門の門番が、

「……先ほど、弥三郎殿がお帰りになられましたが……」

と在番中のこととて、やや不審げに留守宅の家人ヘ告げたと申す。

 家人は一向に弥三郎には対面して御座らなんだによって、不審を募らせて御座ったが、その夜のこと……

……弥三郎の留守宅の上へ……

……人魂が……一つ……

……ふぅわり……ゆらぁりと……

……空(くう)を舞いつつ……来たって……

……屋(や)の棟(むね)の辺りを……

……何度も……何度も……

……名残惜しげに……行き交(こ)うを……

……見た者のあった……と申す。…………

   *   *   *

「……かくも数十年を経て、両度に亙り、斯様(かよう)なるの事のあればこそ……死人(しびと)の意念、これ、かくも帰り来ったること、これ――ある――ということにて、御座ろう。……」

と、横田某殿、語って御座った。

« 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 59 高田 薬欄にいづれの花をくさ枕 | トップページ | 飯田蛇笏 山響集 昭和十二(一九三七)年 冬 Ⅰ »