フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 17 鹿又から松島へ(Ⅱ) 煽り | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 19 松島 »

2014/08/14

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 18 鹿又から松島へ(Ⅲ) 人力車のエピソード

 人力車は一人乗りで狭く、そして背が高くて頭重だから、乗っている人は、しよつ中均衡に注意していなくてはならぬ。ひっくりかえることを恐れて、居眠りも出来ないのは辛い。私の前には美しい寛衣を着た坊さんが、頭を低く垂れて、眠ながら人力車に乗って行った。私は彼が必ずひっくりかえるだろうと思い、すっかり睡気をさまして一マイル以上も見つめていたら、果して彼はすってんころりと、路傍の湿った溝へころげ落ちた。車夫もまたころんだが、すぐはね起き、帽子をぬいで何度も何度も頭を下げて謝った。私は堪えられなくなって笑った。坊さんは私を見て、同情して笑った。

[やぶちゃん注:「一マイル」一・六一キロメートル。

「私は堪えられなくなって笑った。坊さんは私を見て、同情して笑った。」原文は“I could not help laughing, and when the priest noticed me, he laughed in sympathy.”。「同情」が日本語の文脈ではややおかしく感じられる。

――私は笑いを抑えることが出来なかった。そうしてまた、僧は笑っている私に気がつくと、彼もまた、仕方がない、といった風に、まるで私と共感するかのように微笑んだのであった。――

といった感じであろう。この共感と笑みのうちには、モースが前に述べているように、居眠りをすれば転落する危険がことは事前に分かっていながら、うっかり眠って、やっぱり落ちたのだということを僧も認識していたことを含むから、意訳になるが、寧ろ、すっきりと

――私は笑いを抑えることが出来なかった。そうしてまた、僧は笑っている私に気がつくや、同時に照れ笑いをしたのであった。――

と訳した方がすんなり読める。ともかくも、モースは失礼にも笑った自分に怒りを向けず、照れ笑いで返した僧の、その日本人の優しい心にこそモース自身が「共感」を感じているということである。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 17 鹿又から松島へ(Ⅱ) 煽り | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 19 松島 »