フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第十一章 雌雄の別 三 局部の別 (4) | トップページ | シオカラトンボは塩辛い―― »

2014/08/23

生物學講話 丘淺次郎 第十一章 雌雄の別 三 局部の別 (4ー2)

Kumosiyuu

[「くも」の雌雄]

 

 精蟲を雌の體内に移し入れるための雄の交接器は、輸精管の末端に當る處がそのまゝ延びて圓筒狀の突起となつて居るのが最も普通であるが、廣く動物界を見渡すと、必ずしもそれのみとは限らず、中には思ひ掛けぬ體部が交接の器官として用ゐられる場合がある。例へば「くも類」の如きはその一つで、雄は體の前部にある短い足狀のものを交接器として用ゐる。「くも」の身體は通常瓢簞の如くに縊れて、前後兩半に分かれて居るが、前半は即ち頭と胸との合したもので、こゝからは四對の長い足の外になほ一對の短い足の如きものが生じ、後半は腹であつて、その下面には細い割れ目のやうな生殖器の開き口が見える。短い足の如きものは運動の器官ではなく、ただ物を探り觸れ感ずるの用をなすもの故、これを「觸足」と名づける。交接するに當つては、雄は決して自分の生殖器を直接に雌の體に觸れる如きことをせず、先づ精蟲を洩らして自身の觸足の先に受け入れ置き、機を見て雌に近づき、その生殖器の開口に觸足を插し入れて精蟲を移すのである。「くも」類では通常雌は雄よりも形も大きく力も強くて、動もすれば雄を捕へ殺すから、雄は交接を終れば急いで逃げて行く。雄の觸足は精蟲を容れるために先端が太く膨れて居るから、その部の形さへ見れば雄か雌かは直に知れる。

[やぶちゃん注:「觸足」現在は「触脚」と表記するようである。タランチュラの例であるが、こちらの秋山智隆氏のサイトの「Breeding Tarantulasを開き、「† 雌雄を調べる †」のバーをクリックして開くと、画像とともに非常に分かり易い解説が載る(但し、クモが生理的にダメな人は見ない方が無難)。]

« 生物學講話 丘淺次郎 第十一章 雌雄の別 三 局部の別 (4) | トップページ | シオカラトンボは塩辛い―― »