フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 49 象潟 象潟や雨に西施がねぶの花 | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 51 象潟 汐越や鶴はぎぬれて海涼し »

2014/08/02

今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 50 象潟 ゆふばれや櫻に涼む波の花

本日二〇一四年八月 二日(陰暦では二〇一四年七月七日)

   元禄二年六月十七日

はグレゴリオ暦では

  一六八九年八月 二日

である。【その二】西行桜での一句が残る。

 

    西行櫻          西行法師

   象潟の櫻はなみに埋(うづも)れて

   はなの上こぐ蜑(あま)のつり船

    花の上漕(こぐ)とよみ玉ひけむ古き

    櫻も、いまだ蚶滿寺(かんまんじ)の

    しりへに殘りて、陰-波(かげなみ)

    を浸せる夕晴(ゆふばれ)いと涼しか

    りければ

ゆふばれや櫻に涼む波の花

 

[やぶちゃん注:「継尾集」所収の句。「曾良俳諧書留」には、

 

 

  夕ニ雨止て、船ニて潟を廻ル

 

と前書する。また「菅菰抄附録」には、この句は真蹟が越中井波にあるとし、そこでは、『象潟西行櫻にて』と前書した上、『夕がた雨やミて處の何がし舟の中を案内せらるゝ』と附記するとあるが意味をなさない。「ねぶの雪」(立国編・元文四(一七三九)年刊)「道しるべ集」(也足編・慶応二(一八八六)年序・真蹟模刻本)では、

 

  夕方雨やみて處の何がし、舟にて江の中を案内せらるゝ

 

とあるのが正しい。また、別に真蹟懐紙が残り、そこでは、

 

  夕晴

 

と前書するとある。

 伝西行の和歌については前の「象潟や雨に西施がねぶの花」の私の注を参照されたいが、桜の古木蔭に夕涼みするこの芭蕉は、「波」を「花」と見立てて西行の古歌を偲んで西行と自身を重ね合わせると同時に、前書に謡曲「西行桜」を通わせて、桜の老い木の精と自身をも一体化させて而してその影をも消滅させ、波の花が涼やかな舞いを舞っていると幻想しているように私には感じられる。]

« 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 49 象潟 象潟や雨に西施がねぶの花 | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 51 象潟 汐越や鶴はぎぬれて海涼し »