フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 16 鹿又から松島へ(Ⅰ) 素敵な欄間窓 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 18 鹿又から松島へ(Ⅲ) 人力車のエピソード »

2014/08/14

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 17 鹿又から松島へ(Ⅱ) 煽り

M457

図―457

 図457は高さ約三フィートの奇妙な扇で、米から塵を煽ぎ出したり、あるいは穀物から籾殻(もみがら)を簸(あお)りわけたりするのに使用する。一本の竹でつくった縦の柄を握り、鞴(ふいご)を使う時みたいに両手を左右に動かすと、蝶々の翅(はね)に似た形の扇が開いたり閉じたりする。

[やぶちゃん注:これは、画像検索で検索に検索を重ねた末、遂に静岡お観光ガイド」懐かしい農具を展示 「むかしの道具展」(これは二〇一一年十月に静岡県焼津市(旧志太郡大井川町)宗高にある焼津市立大井川図書館展示室で行われたもの)で発見出来た。これはあおりと呼ばれる(リンクは同ページ(ブログ形式)の当該道具の写真の拡大画像)もので、写真キャプションには籾・麦と塵・芥を風を起こして選別する大型の団扇とある。

「三フィート」約九十一センチメートル。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 16 鹿又から松島へ(Ⅰ) 素敵な欄間窓 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十四章 函館及び東京への帰還 18 鹿又から松島へ(Ⅲ) 人力車のエピソード »