フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より逗子の部 別荘 | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 52 酒田 あつみ山や吹浦かけて夕すゞみ »

2014/08/03

『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より逗子の部 名産 / 逗子の部~終了

    ●名産

此地の名産を以て稱すべきものは、濱邊のことゝて、松魚、鮪 常節(とこぶし)、鯵、鱚(きす)、海老、榮螺(さゞえ)、鱸(すゞき)、鹿尾菜、若布(わかめ)、藻屑(もくづ)の類 菓子に鶴の饅頭、月見饅頭、滯在の徒然には、召あがりて御覽せよ、風月岡野の味ひはなくとも、逗子の匂ひはすベし。

[やぶちゃん注:ここでは読み易くするために本文の一部に字空けを施した。

「鹿尾菜」は「ひじき」と読む。

「藻屑(もくづ)」モズク。但し、「水雲」「海蘊」(もずく)の語源説では海藻に巻きついて繁殖することから「藻付・藻着(もつく)」の意とする説があり、そう簡単にはこの表記を肯んずる訳には行かない。

「鶴の饅頭」「月見饅頭」孰れも銘菓としては不明。少なくとも私は知らない。逗子に行くといつも買う駅前の浪子(なみこ)饅頭ならいくらでも語れるのだけれど……。

「風月」洋菓子店として知られる銀座風月堂。公式サイト年譜によれば明治五(一八七二)年を正式な開業とするが、宝暦三(一七五三)年に初代大住喜右衛門が「大阪屋」を屋号として菓子屋を営んだのをルーツとし、寛政元(一七八九)年の項に『老中松平定信より「御定用・御菓子調進」を命じられる、栗饅頭を創製す』と創作饅頭が出、調べてみると、今も作っている。

「岡野」慶応から明治初期に浅草の駒形「岡埜栄泉」(おかのえいせん)から親戚筋五軒に暖簾分けされた和菓子屋の屋号。その一軒で現在も営業しているのは東京都台東区上野の「上野駅前岡埜栄泉」で、公式サイトの「店舗概要」には、『明治六年、上野駅ができる十年前に当地にて、「岡野ちよ」によって創業され百三十余年の歴史を経て現在に至る』。『暖簾分けされた五軒は、上野、根岸、本郷三丁目、森川、竹早町にあり、本家を含み、いずれも岡埜(岡野)姓であったが、弊店を除きいずれも閉店してしまっている』とある。この店か。現在も上用饅頭を作っている。]

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より逗子の部 別荘 | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 52 酒田 あつみ山や吹浦かけて夕すゞみ »