フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 環境省は東宝怪獣映画の科学者並である | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 57 出雲崎 荒海や佐渡によこたふ天河 »

2014/08/17

生物學講話 丘淺次郎 第十一章 雌雄の別 三 局部の別 (2) 驚きのファルス群!

 蛇・「とかげ」の類も平常は雄の交接器が現れて居ぬから、雌雄の形が違わぬやうに見えるが、實は肛門内に立派な交接器を具へて居る。しかもそれが左右兩側に各々一つづつある。雄の蛇を捕へてその腹を強く締めると、肛門から一對の突起がでるが、これを見て足と思ひ誤り、蛇にも足があるとか、足のある蛇を發見したとかいふことが屢々ある。先年も或る新聞紙に奇蛇と題して、埼玉縣の或る村で一對の足を具へた蛇を捕へた。その足には各三十六本の爪が生えてあつたといふ記事が出て居たが、これは無論雄蛇の交接器で、爪といふのはその表面にある角質の尖つた突起に違ない。左右一對あつて位置も腰のところに當るから、素人がこれを足かと思ふのも無理ではないが、實は交接するとき雌の體内に插し入れる部分である。龜の類も雄には大きな交接器があつて、交接のときにはこれを長い間、雌の體内に插し入れているが、常には肛門内に收めて居る故、外からは少しも見えぬ。

[やぶちゃん注:ヘビやトカゲの仲間である有隣目の♂の生殖器は普通は尾の付け根にあって、哺乳類その他のペニスと異なり、左右一対であることから、特にヘミペニス(半陰茎)と呼ばれる特異なものであり、また、蛇の交尾は一般に非常に長いことでも知られる。私は蛇好きであるが、成体のヘミペニスは見たことがない。個人サイト「ニッポンの歩き方」の群馬県にある「ジャパンスネークセンター」訪問のページで、ハブのヘミペニスの液浸標本画像や分かり易くイラスト化したヘミペニスの構造が分かる。また、喪主ちん氏のサイト「ちん.com」内の「萌える民俗学」ではモノクローム写真ながら、二十六時間に及ぶ交尾行動の写真が見られる。特に♂♀が完璧に捻じり合った状態(ちん氏は『中尾彬のネジネジのようだ』とキャプションを附けておられ、まことに言い得て妙)が素晴らしい。特に『この交尾の姿を模して縄文土器やしめ縄がつくられたらしい』『模すことにより何をあやかるつもりなのかよくわか』らないながらも、『一説によれば、生命力を崇めている』とあり、注連繩もこれが元という説を示されてあって、実に目から正真正銘、鱗であった。

 亀のペニスはえ!カメのおちんちんってこんな形!? YouTube動画で学ぶ動物のペニスの不思議が絶品である。ここでは亀以外にも、先の蛇の他、犬・猫・海象(セイウチ)・針土竜(ハリモグラ)・蝙蝠・蝸牛・鯨といった生物のペニスの動画が見られる。亀のその巨大さにはちょっと驚いた。生理的嫌悪感を持たない方には必見である。]

« 環境省は東宝怪獣映画の科学者並である | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 57 出雲崎 荒海や佐渡によこたふ天河 »