フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 277 花衣 ⅩLⅥ 筑前大島 十二句 | トップページ | 杉田久女句集 278 花衣 ⅩLⅦ 母の句 五句 »

2014/09/24

『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 総説(Ⅱ) 山嶽

山嶽 大臣山、狻躁峯、貝吹山、大堂山(以上西御門前)。鶯谷山、源氏山、諏訪山、飯盛山(以上扇谷)。衣張山、名越山、淺間山、佐竹山、天狗堂山、甲山、辨ケ谷山(以上大町村)。屛風山、小富士山(小町)。大丸山、天台山、大平山、獅子巖、鷲峯山(以上二階堂)。勝上嶽、明月山(以上山之内)。佐々目ケ谷山、長樂寺山、見越嶽、大佛坂山(以上長谷)。觀音山(坂之下)。親不知山、陣鐘山(以上極樂寺)。稻荷山、胡桃山、丸山(以上淨明寺)。明石山、天臺山、羽黑山、御坊山、林相山、岡松山、丸山(以上十二所)。權現山、石名畑山、大澤山、鈴野山(以上峠)。

[やぶちゃん注:[やぶちゃん注:この山(というか、ただの丘やピークである)の名の中には私の知らないもの(知っていても即座に位置を名指せないもの)が幾つか含まれているので、それを中心に以下に注しておく。同定には後に画像で掲げる予定の底本に挟み込みで附いている底本のオリジナルと思われる地図「鎌倉實測圖」及びネット上の複数の地図サイトを用いた。なお、読みは煩瑣なだけなのでここでは現代仮名遣のみ示した。なお、主な(中にはかなりマイナーなものも含む)山巓位置は及びその作成サイト「いざ鎌倉」の鎌倉山」が分かり易い。

「狻躁峯」これは「さんろほう」と読む。現在の鶴岡八幡宮後背の神域大巨(たいしん/だいじん)山西北奥、二十五坊ヶ谷の最深部の直北上にあるピーク(或いは山塊)を指す。建長寺の回春院から南南西一一九メートルほどの位置と考えてよかろう。「鎌倉實測圖」には右に「昇仙臺」という別の(?)ピーク名も併置されている。

「貝吹山」名称から瑞泉寺裏の貝吹地蔵を連想するが、全く異なるので注意。本文にも「西御門前」とあるように、これは西御門にある来迎寺(鎌倉には材木座に同名異寺があるので注意)の裏手の山を指す。

「大堂山」これは釈迦堂切通しの西方直近のピークで、現在の浄明一三丁目と大町三丁目の境界上にあるように見受けられる。

「鶯谷山」これは現在の岩屋不動尊背後にあるピークである。

「諏訪山」不詳ながら、これは諏訪屋敷(跡)と呼ばれた現在の御成小学校の敷地の背後の山並の内で、南の方のピークを指すものではなかろうか?

「飯盛山」前注で私が諏訪山の同定候補地として挙げた、現在の御成小学校の敷地の背後の山並の南方の尾根には天狗堂という堂があったが、「新編鎌倉志卷之四」の「扇谷」には、『「太平記」に、天狗堂(てんぐだう)と、扇が谷に軍(いくさ)ありと有。又此の所に、飯盛山(いひもりやま)と云あり』とあることから、これも前の諏訪山と並ぶピーク若しくはここから源氏山に続く山塊を呼称しているものかも知れない(これらの「太平記」記載の地名についてはリンク先で私が考証をしているので参照されたい)。また、扇ヶ谷にある岩船地蔵近くの扇の井の背後にある山を現在、飯盛山と呼称してもいるので、本誌の記者はそこをかく呼んでいるものと考えてよいであろう。鎌倉にはこれとは別に、金沢街道の明王院(山号飯盛山(はんじょうざん))の手前の大慈寺跡の背後にあった山を同じく飯盛山と呼称しているので注意が必要。

「淺間山」現在の横須賀線の名越のトンネルの北直近の名越山の北北東七〇〇メートルほどの大町三丁目と浄明寺二丁目の町境上のピーク。

「佐竹山」不詳ながら、安養院の東方に佐竹屋敷(跡)という地名が残るから、その背後北西の山塊、現在の大寶寺の背後で妙本寺の南から延びた尾根の辺りを呼んでいる可能性がある。

「天狗堂山」不詳。錯綜があるのか、いや、もしかすると鎌倉には、明治頃まで、天狗堂及び天狗堂山と呼称する場所や山が複数存在した可能が高いとも私は考えている(煩瑣になるのでここでは個別に示さないが、実際、「太平記」を読み解いてゆくと、そうでないと辻褄の合わないことが多いのである)。「飯盛山」の注で示した「新編鎌倉志卷之四」の私の考証も参照されたい。

「甲山」不詳乍ら、記載位置から考えて私は妙法寺の東で松葉ヶ谷の北の山塊、若しくは、次に出る「辨ケ谷山」(これはその北の山塊と横須賀線を挟んで対称位置にある)の西、弁ヶ谷の奥にあった山塊(長勝寺の南で現在の鎌倉材木座霊園のある辺り)の呼称ではなかったかと考えている。「甲」はその山の形状(前者はやや長円、後者は成層的な独立峰であったと思われる)か。この辺りに例えば鎧兜の職人が住まっていた可能性も否定出来ない。実際、確か、この辺りにそうした職能集団がいたという記載を読んだように記憶する。

「屛風山」宝戒寺の背後の東にある山。

「小富士山」「新編鎌倉志卷之七」に「寶戒寺」に、

小富士 屏風山の傍の高き峯を云ふ。社あり。社中に富士の如くなる石あり。淺間大菩薩と銘あり。毎年六月一日男女參詣多し。

とある。

「大丸山」これは、現在の鎌倉アルプス(私はこの呼称は大嫌いである)の「天台山」と「太平山」の間にある、現在の天園(六国峠)のことである。

「明月山」の東の建長寺との間にある山。

「佐々目ケ谷山」佐々目ケ谷の最奥のピーク。東麓が佐助ヶ谷になる。

「長樂寺山」現在の鎌倉文学館背後の山。

「見越嶽」「長樂寺山」西の長楽寺ヶ谷を隔ててある甘繩神明社の背後の山。個人的に私の好きな場所である。

「大佛坂山」ピークは現在の大仏坂トンネルの南直近のはずだが、航空写真ではそこが平たく削られてコートのようになっている。

「觀音山」長谷寺の左背後の山。

「親不知山」番場ヶ谷奥の西北の、現在の極楽寺四丁目と笛田六丁目の境に位置した山。現在はかなり宅地浸食されている。

「陣鐘山」現在の江ノ電稲村ヶ崎駅の近く。個人サイト「戦国時代の城」の「陣鐘山(稲村ヶ崎)」を参照されたい。知らないし、行ったこともないなぁと思ったら、『現在は、民有地で山には登れない』とあった。

「稻荷山」浄妙寺背後の山。同寺の山号は稻荷山(とうかさん)である。

「胡桃山」瑞泉寺直近の南のピーク。「稻荷山」の北東約三八〇メートル。この間も激しく宅地浸食されている。

「丸山」不詳乍ら、前後の山及び位置的に見ると「大丸山」=天園に近いから、ここの近くの尾根のピークの可能性が高いようには思われる。以下、同名の山が出るので注意。

「明石山」光触寺の南西にある山。

「天台山」これは先の近くの鎌倉アルプスのそれとは異なるもので、光触寺の南奥にある山で、前の「明石山」との間に池子村に向かう山道があった。現在はこの道は地図上では確認出来ない。私は三十数年前、ここより少し北方の、朝比奈旧切通しの東側にある熊野神社の背後から、まさにこのルートに繋がっていたであろう池子方面への山の廃道を分け入ったことがあるが、暫く進むと、山中に有刺鉄線が張り巡らされてあって、すぐ近くに監視塔が聳え立っており、そこに自動小銃を持った米兵がいて、眼が合ってしまった。彼は凝っと私を見つめていた。私は静かに後退りして退散したことは言うまでもない。池子の弾薬庫であった。……私は神仏罰を恐れず、かつて大船の広大な荒地であった高野を分け入って有刺鉄線を越え、遂に出たのが普段は入場出来ない円覚寺の舎利殿の裏で、平然と中を見、何食わぬ顔をしてまた元の道を戻ったものだったが……この時、米兵の飛び道具には負けたのであった……

「羽黑山」南西から明石山・柏原山・羽黒山と連なる、鎌倉市と逗子市の境界をなす山の一つであるとネット上の情報にはある。

「御坊山」御坊ヶ谷は私が鎌倉で最も愛する場所であるが、そこから察するに御坊山とはこの谷戸の最奥部の左へ登ってゆく山ではなかったかと推測する(この山塊は現在は鎌倉霊園として無惨に抉りとられており、その周縁に名残の山道を残すばかりである)。

「林相山」不詳。ところが、あまでうす氏のブログ「あまでうす日記」の鎌倉ちょっと不思議な物語122回 十二所神社物語その7」に、『十二所神社の境内には、山ノ神を祀った石祀がある』が、その『右側の祠のものは宇佐八幡で、以前林相山の宇佐の宮にあったもの、その左は疱瘡神を祀ったものである』とある。これは明らかにこの山名である。しかしこの山名がネットでヒットしないのは、やはり消失してしまったからではあるまいか? とすれば非常に高い可能性でそれはやはり現在の鎌倉霊園のどこかに位置していた可能性が高いのではなかろうか?

「岡松山」不詳。やはり「林相山」と同じ運命を辿った山では?

「丸山」これは旧十二所村の南東のピーク。次の「權現山」の南南西五五〇メートルほどのピーク。

「權現山」朝比奈旧切通しの峠南側(若しくはこの山塊全体)の山名。

「石名畑山」「權現山」の北五五〇メートルほどの位置にあったピーク。それらしい場所は現在の鎌倉霊園の東縁にある。

「大澤山」「石名畑山」の東北二〇〇メートルほどにあったと思しい尾根のピーク。やはりそれらしい場所が現在の鎌倉霊園の東縁に残る。

「鈴野山」「大澤山」のさらに北四、五百メートルほどにあったと思しい尾根のピーク。これは現在の横浜市朝比奈と鎌倉市十二所の東北の角か若しくはそこから少し南下したところであろう。これらのピークを結ぶと、現在、天園に向かう霊園北迂回のハイキング・コースのルートの横浜側からの登りの山道にかなり近くなるように思われる。ああ、あそこも三十年以上歩いてないなぁ……]

« 杉田久女句集 277 花衣 ⅩLⅥ 筑前大島 十二句 | トップページ | 杉田久女句集 278 花衣 ⅩLⅦ 母の句 五句 »