フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北條九代記 卷第六 武藏守泰時執権 付 二位禪尼三浦義村を諫めらる〈北条泰時の第三代執権就任及び伊賀氏の変Ⅰ 北条泰時の帰鎌と北条政子の英断と大江広元の懇請、鎌倉の不穏と謀略の真相〉 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より金澤の部 野島 附平潟・金澤原・乙艫浦 »

2014/09/12

ゲリラの語源その他

「ゲリラ豪雨」という言葉が気になって調べてみた……
ゲリラ(英語: guerrilla )は独立した武装集団によって行われる不正規戦をいうが、現在ではそれに参加する者或いはその団体を指すことが多い。ナポレオンが1808年にイベリア半島に出兵した際、スペイン軍やスペインの農民たちは各地で抵抗、ナポレオン軍を5年にわたって半島に釘付けにした。この半島戦争はナポレオンのヨーロッパ征服を初めて中断させ、ひいてはナポレオン退位(1814)に繋がる予想外の政治的収穫を挙げたことから、スペイン語で「土匪(どひ:土着民で武装して集団となって略奪・暴行を行う賊集団。)式の小戦闘」を意味する「ゲリリャ」( guerilla 〉という言葉が広く普及、転じてそうした待伏せ攻撃などの遊撃戦闘行為を行う者のことも「ゲリラ」と呼ぶようになった(ここまでは主に平凡社「世界大百科事典」に拠る)。ウィキの「ゲリラ」には「ゲリーリャ」guerrilla = guerra(戦争)+-illa (縮小辞)で「小さな戦争」を意味するスペイン語の単語とある。なお、スペイン語で普通規模の戦争は「ゲラ」( guerra )という(ここはネットの「語源由来辞典」)。但し、戦術としてのゲリラ戦はこの語が生まれる以前の古代(例えば「孫子」)から存在していた(主にウィキ)。「ゲリラ」の本邦での使用は昭和に入ってから(「語源由来辞典」)で、「ゲリラ豪雨」は2008年の流行語大賞にランクインしているが、使用例は意外に古く、例えば「読売新聞」では、1969年8月の夕刊社会面での「新潟県中部上空には、ゲリラ豪雨の黒雲が不気味に広がっている」という使用が最初とある。無論、この「ゲリラ豪雨」は一般の気象用語ではなく、正しくは「局所的大雨」「局所豪雨」と言う(以上は『調べてみると結構深い「ゲリラ豪雨」という言葉の意味』に拠る)。

« 北條九代記 卷第六 武藏守泰時執権 付 二位禪尼三浦義村を諫めらる〈北条泰時の第三代執権就任及び伊賀氏の変Ⅰ 北条泰時の帰鎌と北条政子の英断と大江広元の懇請、鎌倉の不穏と謀略の真相〉 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より金澤の部 野島 附平潟・金澤原・乙艫浦 »