フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十五章 日本の一と冬 モースの明治の帝都東京考現学(Ⅱ)美しい蜜柑籠/不思議な蜜柑の切り方 | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 69 山中や菊はたおらぬ湯の匂ひ »

2014/09/09

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十五章 日本の一と冬 モースの明治の帝都東京考現学(Ⅲ)羽根突き

M476
図―476

M477

図―477

M478

図―478

M479

図―479
 

 遊戯は我国に於ると同様、時季に適っていて、只今の所では紙鳶あげ、独楽廻し、追羽子が最もよく行われる。歩いていても、車に乗っていても、よく羽子板で叩かれるが、必ず微笑と謝罪の言葉とがそれに伴う。道具は我々のとは違っている。羽子板は板で出来ていて、その一面には有名な英雄か、あるいは俳優に主題をとった、色あざやかな縮緬のこみ入った押絵がある。羽子板のある物の装飾は、非常に数奇をこらしてある(図476)。羽子はソープベリイの種子の種子(ムクロジ)で出来ていて、その一端では五木の羽毛が羽冠を形成する。これ等は五個を一組とし、竹のへげにはさんで売られる(図477)。これ等を売る店では、目もくらむばかりに美しく羽子を展観し、店外には普通、看板として大きな羽子板が出してある。図478は、好運の神ダイコクである。これは金銀の糸を織り込んだ、美しい色の錦繡の布地から出来上っているが、非常に安い玩具なので、粗末につくってある。図479は、追羽子をしている女の子の態度である。我我の羽子板は、サム、サム、サムという音を立てるが、日本のは固い種子を木の羽子板で打つので、クリック、クリック、クリックと聞える。

[やぶちゃん注:「紙鳶あげ」原文“Kite-flying”。

「独楽廻し」原文“topspinning”。

「追羽子」原文“battledore and shuttlecock”。この二語で現在も「バトミントン」さらには英和辞典自身に本邦の「羽根突き」の訳が載る。“battledore”は元来は古代のラケット・ゲームや十六世紀にフランスの貴族が行った日本の羽子板のように小さなラケットと羽根を突いてプレイしていたものから派生したイギリスのゲームを指し、現在、そこから生まれたバドミントンのプレーヤーが使う柄の長い軽いラケットを指す後者の“shuttlecock”は羽根突きの羽子(はご)やバトミントンのシャトルの意で、コルクにガチョウの羽根を刺して作った羽根が飛ぶさまを、雄鶏(cock)譬えた語である。

「ソープベリイ」原文“soapberry”。底本では直下に石川氏の『〔米国産無患子の一種〕』という割注が入る。“soapberry”はサポニンを多く含み、古くから石鹸として用いられてきたムクロジ目ムクロジ科 Sapindaceae 若しくは同科ムクロジ属 Sapindus の仲間を広く指す語。

「ムクロジ」ムクロジ科ムクロジ Sapindus mukorossi 。英名は“Indian soapberry”。本邦でも石鹸代わりに用いられ、種子は羽根突きの羽根の材料の他、古くより数珠玉に用いられたことから、特に寺院に植えられることが多い。

「我我の羽子板は、サム、サム、サムという音を立てるが、日本のは固い種子を木の羽子板で打つので、クリック、クリック、クリックと聞える。」原文は“Instead of the thum, thum, thum sound of our battledore, the sound of the Japanese game is click, click, click, as the hard seed is struck by the wooden battledore.”。“thum”の方はモースの擬音語のようで、一般的な単語としてはないが、ミツバチのブーンやブンブンに相当する“hun”があり、これに拠るか。“click”は「かちり」「カチッ」に相当する汎用的擬音語。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十五章 日本の一と冬 モースの明治の帝都東京考現学(Ⅱ)美しい蜜柑籠/不思議な蜜柑の切り方 | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 69 山中や菊はたおらぬ湯の匂ひ »