フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ゲリラの語源その他 | トップページ | 杉田久女句集 271 花衣 ⅩⅩⅩⅨ 遠賀川 十一句 »

2014/09/12

『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より金澤の部 野島 附平潟・金澤原・乙艫浦

    ●野島 附平潟、金澤原、乙艫浦

瀨橋(せはし)より七八町東に出崎あり。之を野島といふ里民(りみん)の舊諺に云此所民屋百軒あり。外に一軒たりとも多く作れは。必らず災(わざわい)有りて。又舊の如く百軒の數となる。因て百軒島(けんしま)とも稱すと。紀伊大納言賴宣公鹽風呂(しほふろ)の舊地あり。山の岬角に稻荷神社。中腹に天滿宮。山下に善應寺、正覺院あり。頃者海岸に野島館新築成りて。旅客を待てり。又泥龜(でいき)新田には。有名なる牡丹園ありて晩春の候杖を曳くもの多し。金澤の牡丹と稱するは是なり。野島(のしま)の少し北の沙斥を平潟といふ。八景の一とせる平潟の落雁は。其の實雁にあらず。海藻を採る者の群居せるを遠望して。形容せしものなりといへり。此邊鹽竃(しほがま)あり。平潟の西町屋村の東を金澤原といひ。野島の東濱(とうひん)を乙艫の浦と稱す。夕陽(せきやう)斜(なゝめ)に映する處。白帆(しらほ)影(かげ)を弄して歸る。亦奇觀あり。

[やぶちゃん注:「鎌倉志卷之八」の「野島」の条。

〇野島村〔附平方 金澤原 乙鞆浦〕 野島村(のじまむら)は、瀨戸橋(せとばし)の東の出崎なり。里民の云はく、此處、民屋百軒あり。外に一軒も家を造れば、必災ひ有て、又元の如く百軒の數となる。之に依つて百軒島とも云ふなり。此の所の出崎に、紀州大納言賴宣(よりのぶ)卿、塩風呂(しほふろ)の舊地有。山の出崎に稻荷の宮あり。山の中段に天神の宮あり。野島の少し北を平方(ひらかた)と云ふ。平方の西、町屋村の東を、金澤原(かなざはばら)と云、野島の東濵を乙鞆浦(をつともうら)と云ふ。

 野島は古くは文字通り島であったが、乙舳海岸の砂嘴が伸びて洲崎と陸繋島となったものである。

「瀨橋」「瀨戸橋」の脱字であろう。

「七八町」凡そ七六四~八七三メートル。現在の瀬戸橋から野島に繋がる帰帆橋を渡り切ったところまでで七五〇メートル弱、夕照橋や野島公園口までは凡そ一キロメートルに相当する。

「百軒島」この伝承は、ここでの海洋狩猟が恐らく非常に古い時代から営々と続いてきた(山頂近くの野島貝塚からは縄文時代早期後半の凡そ八〇〇〇年前とされる野島式土器が出土)ことを考えると、外部からの流入による漁業従事者の増加による水産資源の減少を抑止するための目的がまず挙げられ、また近世には活鯛を将軍家に供給する御用達として幕府から手厚い保護を受けていた野島漁師の特権性を維持することをも目的としていたように思われる。

「紀州大納言賴宣卿」徳川頼宣(慶長七(一六〇二)年~寛文十一(一六七一)年)のこと。徳川家康十男。紀州徳川家祖。和歌山藩藩主。第八代将軍吉宗の祖父。また、伝承によれば万治年間(一六五八~一六六〇)には野島浦南端に頼宣の別邸があって、これを通称「塩風呂御殿」と称したとする。何故こう呼ばれたのかを記載する資料がないが、龍神温泉を痛く気に入っていた頼宣のこと、潮を沸かして塩水浴でもしていたものか。

「稻荷神社」野島稲荷神社。野島総鎮守で、安貞元(一二二七)年に阿波守長島維忠の発願によって子の修理佐頼勝なる者が創建したと伝える。

「天滿宮」天神社。

「善應寺」現在の野島山染王寺。この寺は寺名や本尊が錯綜しており、「江戸名所図会」では「善應寺」と記す。小市民氏の「散歩行こうぜ」の『ようこそ「金沢・時代の小波 野島コース」へ』によれば、文政十三(一八三〇)年に成った「新編武蔵国風土記稿」によれば『「この寺は、もとは野島の山頂にあったが、南方からの強風を受けて堂舎を破損したため、山麓の現在地に移った、山頂には今でも善応寺屋敷の地名が残っている」と寺伝を記して』おり、同書では続いて本堂の規模を記した上、本尊観音は約八寸程の立像であるとし、『昔は愛染明王が本尊だったのであろう、火災に遭って改めたものだ』と記されているとある(小市民氏は寺号もこのときに変更されたものと推測されている)。更に寺伝によれば、開山とされる源朝なる僧の示寂は永禄九(一五六六)年とあることから、その頃の創建とされているけれども、境内の墓地入口に『古びた宝篋院塔があり、安山岩の基礎石正面には「比丘尼角意、永徳二年六月十八日」と刻まれて』いるとする。永徳二・弘和二(一三八二)年であるから、この尼が本寺関係があるとすれば、この寺の創建は開山とされる源朝の存命期よりもずっと前(百五十年以上前)に遡る可能性がある、と記されておられる。『野島には染王寺のほかにも夕照山正覚院や円明院という寺院があって、いずれも洲崎町龍華寺の末寺で』あったが、『円明寺は早くから廃寺となり、正覚院の過去帳の一部などが染王寺に伝えられて』おり、現在、『染王寺は、金沢札所第八番であるとともに、新四国東国八十八所霊場第七十七番にもなってい』るとある。

「正覺院」現存しない模様。前注の引用部を参照。

「頃者」音は「ケイシヤ(けいしゃ)」。このごろ。近ごろ。頃日。

「野島館」料亭。現存しない。「野島」公式サイトの「野島公園 伊藤博文公金沢別邸」に、『野島館は野島山の東側にあった。今の青少年研修センターと稲荷神社の中間あたりにあって、かなり広い 敷地を持ち、多くの女中さんを抱えた料亭で、泥亀の牡丹見や潮干狩りの客で賑わっていたという』。しかし明治三五(一九〇二)年頃、『火災に合い、その営業を閉じたと伝えられる』とあるから、新築なって数年、本誌の刊行から四年も経ずに回禄に見舞われたことになり、恐らくはこの記載が最後の面影を伝えるものの一つということになろう。

「又泥龜新田には。有名なる牡丹園ありて晩春の候杖を曳くもの多し。金澤の牡丹と稱するは是なり」しばしばお世話になっている楠山永雄氏の「ぶらり金沢散歩道」の「NO.58 泥亀新田と泥亀の牡丹」に、『江戸・湯島聖堂の儒官であった永島祐伯(号を泥亀といった)は、晩年を金沢の野島に移り住んだ。やがて新田開発に乗り出し』、寛文八(一六六八)年に『走川と平潟の二ヶ所を埋め立て』て、二町六反(凡そ二五八〇〇平方メートル)余を拓いた。これ『が泥亀新田の始まりである。のち、永島家は代々段右衛門を襲名し、明治に至るまで、実に』九代二百年に亙って『干拓事業に取り組んだ』。その間、大地震や大洪水などで甚大な被害を被っている。特に寛政元 (一七八九) 年の洪水では干拓部分が『元の入江に戻ってしまい、新田内を舟が往来し漁が行われるという有様だった。しかし、永島家の復旧への苦闘は屈することなく続』けられた。干拓事業がようやく軌道に乗ったのは九代目忠篤(号は亀巣)の嘉永二(一八四九)年の時で、遂に新田六十七町(七・三平方キロメートル)余、平潟に塩田二町(六〇〇〇坪・一九八〇〇平方メートル)余が完成、『永島家は製塩の成功で近郷に並ぶもののない大富豪となった』(この塩田とその製塩施設が本文の「鹽竃」)しかし、明治四三(一九一〇)年に明治政府が製塩地整理法を施行、実に鎌倉時代から七百年も続いてきた金沢の製塩は『廃止の対象となって幕を閉じた。これにより永島家の経営は決定的な打撃を受け』、大正五(一九一六)年には『泥亀新田を博文館社主・大橋新太郎に売却という結末を迎え』た。『旧永島邸内に建つ巨大な根府川石の「亀巣翁功徳の碑」に、その歴史が刻まれ栄華の時代を偲ばせている。永島一族の墓所は洲崎の龍華寺にある』とある。また同リンク先にはこの「牡丹園」のことも載り、『金沢の牡丹として有名な「泥亀の牡丹」は、花見の時になると屋敷内の牡丹園は一般に公開され、近郷近在からの見物客で賑った。著名人の来訪も多く、逗子に住んでいた徳富蘆花も牡丹見にきたことが著書「自然と人生」に出てくる』。『泥亀新田が大橋新太郎に譲渡された後、泥亀新田は大橋新田と呼ばれ、牡丹も「大橋の牡丹」として引き継がれた。金沢町の大橋別邸にあった牡丹園も有名で、花の盛りにはボンボリが灯され大勢の客が訪れたという』とあり、現在、『「金沢区の花」が牡丹であるのは、永島・大橋の牡丹園に由来』するもので、区制四十五周年記念に一般公募で選定されたとある。『大橋新太郎は金沢文庫の再興に貢献し、八景園や養鶏場などを経営したが、終戦後の農地改革によって広大な土地を失い金沢を去った。栄枯盛衰、永島家も大橋家も金沢の地に大きな足跡を残したことを忘れることはできない』とある。引用元には「旧永島邸牡丹園 手彩色古写真(明治二十年代)」及び「大橋別荘の牡丹園 絵葉書(昭和十年代)」の画像が載る。是非、ご覧戴きたい。

「沙斥」砂の干潟。漢和辞典に「斥」は「潟」(セキ)に通ず、とある。

「八景の一とせる平潟の落雁は。其の實雁にあらず。海藻を採る者の群居せるを遠望して。形容せしものなりといへり」目から鱗!]

« ゲリラの語源その他 | トップページ | 杉田久女句集 271 花衣 ⅩⅩⅩⅨ 遠賀川 十一句 »