フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« では | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 65 金沢 塚も動け我が泣く聲は秋の風 »

2014/09/03

今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 64 金沢 秋涼し手毎にむけや瓜茄子

本日二〇一四年九月 三日(陰暦では二〇一四年八月十日)

   元禄二年七月二十日

はグレゴリオ暦では

  一六八九年九月 三日

である。金沢滞在中のこの日の、犀川畔にあった齋藤一泉の松玄庵句会での半歌仙の発句。ありがちな挨拶吟である。

 

  ある草庵にいざなはれて

秋涼し手毎(てごと)にむけや瓜茄子

 

  松玄庵參會即興

殘暑しばし手毎にれうれ瓜茄子

 

  訪草庵

秋さびし手毎にむけや瓜茄子

 

[やぶちゃん注:第一句目は「奥の細道」の、第二句目は次の句で詳述する小杉一笑の兄で俳号ノ松(べっしょう)が一笑追善に編んだ「西の雲」(元禄四年跋)の、第三句目は「韻塞」(いんふたぎ・許六ら編・元禄九年自序)の句形。

 一泉の脇句は、

 

殘暑しばし手毎に料理れ瓜茄子  芭蕉

  みじかさまたで秋の日の影  一泉

 

と付けている。「奥の細道」に載せたのは、次に掲げる芭蕉の絶唱「塚も動け我泣聲は秋の風」と先に掲げた「あかゝと日は難面もあきの風」の、慟哭/炎熱・寂寥を配した複式夢幻能の間狂言といった感じでここに配したもののように私には思われる。]

« では | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 65 金沢 塚も動け我が泣く聲は秋の風 »