フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より金澤の部 野島 附平潟・金澤原・乙艫浦 | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 71 いさり火にかじかや波の下むせび »

2014/09/13

杉田久女句集 271 花衣 ⅩⅩⅩⅨ 遠賀川 十一句

  遠賀(をんが)川 十一句

 

[やぶちゃん注:標題は確かに「をんが(おんが)」とルビを振っているが、本句群の句中に於いては「遠賀」を恐らくは後注する古地名の「おか」から「おが」と読んでいる可能性が高いか。坂本宮尾氏は「杉田久女」でそう断定しておられる。

 

菱蒸(うむ)す遠賀の茶店に來馴れたり

 

すぐろなる遠賀の萱路をただひとり

 

[やぶちゃん注:「すぐろ」末黒。野焼きの跡が一面に黒くなっているさまをいう語。春の季語。]

 

生ひそめし水草の波梳き來たり

 

添ひ下る塢舸(おか)の運河はぬるみけり

 

[やぶちゃん注:崗(おか)の水門(みなと)。遠賀川河口付近の古えの地名。神武東征の際に皇子や水主を率いて到着した所という。崗津・崗の浦ともいう。「おか」は「おほこ」(大河)→「おうこ」→「おか」と転訛したもので、古代語で川のことを「こ」と言ったと宮崎康平氏の「まぼろしの邪馬台国」(昭和四二(一九六七)年講談社刊)にはある。]

 

土堤長し萱の走り火ひもすがら

 

風さそふ遠賀の萱むら焰(ほ)鳴りつゝ

 

[やぶちゃん注:「焰鳴り」「日本国語大辞典」に「ほなる」の項があり、そこでは方言として火が起こる(山梨県南巨摩郡奈良田)、熱を・ほてる(伊豆三宅島)とある。坂本宮尾氏は「杉田久女」で、他の句の「ひもすがら」「風さそふ」という措辞と並べて、確信犯で『あきらかに和歌の調べを取り入れている』と述べておられる。]

 

蘆むらを燒く火はかなく消えにけり

 

焰迫れば草薙ぐ鎌よ野燒守

 

もえ迫る野燒の草を薙ぎ拂ひ

 

蘆の火の燃えひろがりて消えにけり

 

蘆の火に天帝雨を降(くだ)しけり

 

蘆の火の消えてはかなしざんざ降り

« 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より金澤の部 野島 附平潟・金澤原・乙艫浦 | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 71 いさり火にかじかや波の下むせび »