フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 97 こもり居て木の實草のみひろはゞや | トップページ | 尾形龜之助「不幸な夢」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 »

2014/10/16

今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 98 はやはやさけ九日もちかし菊の花

本日二〇一四年十月十六日(当年の陰暦では九月二十三日)

   元禄二年九月 四日

はグレゴリオ暦では

  一六八九年十月十六日

【その三】同日、恕水亭を辞した後、大垣藩士浅井左柳(さりゅう)亭に十二名が会合、歌仙が巻かれた、その発句。前日の三日に伊勢長島から戻って久々に師弟再会を果たした曾良の日記の四日の条にも『源兵ヘ會ニテ行』とあり、この「源兵」は浅井左柳のことでああることからも日が確定する。

 

  左柳亭

はやはやさけ九日(くにち)もちかし菊の花

 

はやう咲(さけ)九日も近し宿の菊

 

  有人の方にて

はやくさけ九日も近し菊の花

 

[やぶちゃん注:第一句は「笈日記」の句形であるが、基準底本とする岩波版「芭蕉俳句集」では「九日」に「ここのか」のルビを振る。採らない。第二句目は「桃の白実」(車蓋編・天明八(一七八八)年刊)の、第三句目は「蕉翁句集」(土芳編・宝永六(一七〇九)年成立)の句形。

 言わずもがなであるが、五日後の重陽の節句をいう。左柳は(山本健吉氏は二句目を初案とするのでそれを採る)、

 

はやう咲九日も近し宿の菊

   心うきたつ宵月の露

 

とあり、山本氏はこの脇の「宵月」がこの歌仙の巻かれたおよその時刻を示していると記しておられる。因みにこの日はまさに宵の始まりである午後六時過ぎに月が沈んでいるから、まさにその「露」余光ということになろうか。

 しかしこの菊花への命令形は、芭蕉自身への新たな旅立ちの指嗾(しそう)に他ならない。事実、芭蕉はこの二日後の九月六日、伊勢へ向けて旅立つのであった。

 私は第一句の「はやはやさけ」を断然、押す。]

« 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 97 こもり居て木の實草のみひろはゞや | トップページ | 尾形龜之助「不幸な夢」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 »