フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十五章 日本の一と冬 歌舞伎見物 | トップページ | 杉田久女句集 282 花衣 LⅠ 爭へる牛車も人も春霞 »

2014/10/03

『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 若宮大路幕府蹟

   ●若宮大路幕府蹟

土俗親王屋舖(やしき)と唱ふ。若宮廣路民屋の背にあり。今見る所分内方一町許平田を開けり。東は小町大路を隔て寶戒寺に對せり。嘉禎二年將軍賴經宇津宮辻の幕府を此地に移されしより。守邦親王に至る迄。六世相繼(あひつい)て爰に居住あり。元弘三年五月。北條氏滅亡の時幕府も兵火に罹り守邦親王は遁れて出家せられしか。八月逝去あり。其後足利尊氏爰に舘(やかた)を搆へし事梅松論に見えたり

[やぶちゃん注:現在の雪ノ下一丁目十一(宝戒寺から南へ百メートルほど進んで小道を右折、更に百メートル進んだ曲がり角に「若宮大路幕府舊蹟」の碑が建つ。第三代執権北条泰時によって嘉禎二(一二三六)年に宇都宮辻子(後注)からここに移されたと解説するが、これは実際には宇都宮辻子幕府と同一区画内での小移動(増改築)であったと考えられている。元弘三(一三三三)年の幕府滅亡までの九十七年間、幕府の政庁はここに置かれていた。今は何の変哲もない町家の小道で、ここに書かれたようなロケーションは無論、望めず、また多くの鎌倉を訪れる人々にも、このひっそりとした露地がかくも永く幕府政庁であったことを認識されているとは思われない(次の画像参照)。

「宇津宮辻の幕府」「宇津宮辻」は現在の鎌倉市小町二丁目付近にあった辻子(つじ:小道。)で、若宮大路とその東側の小町大路の間を東西に結んでいたと考えられている。今、小町にある宇津宮稲荷(この社は古書には見えないものの、御所内の社として既にあったものと推定されている)辺りが同幕府の比定地と目されており、ウィキ宇都宮辻子によれば、大倉幕府からの移転は嘉禄元(一二二五)年で、当地は当時の得宗家居宅とほぼ同位置若しくは近隣であったと考えられ、幕府はこの宇津宮辻子に南面していたことから「宇都宮辻子幕府」と呼ばれる。「宇津宮」という名は『下野国宇都宮社の神職で、平安時代末期に京で左衛門尉を務めるなど鎌倉幕府の有力御家人となった宇都宮朝綱ら宇都宮氏の鎌倉の居館がこの界隈にあったこと』に由来するという。なお、大倉幕府の創建は治承四(一一八〇)年であるから、そこで四十五年、この宇都宮辻子幕府は十一年続いた。現在の「若宮大路幕府舊蹟」の碑と宇津宮稲荷では凡そ二七〇メートルほど離れる。最後に現在の宇都宮稲荷大明神附近から撮影されたものと私が推定する、ウィキの「若宮大路」にある明治元(一八六八)年のパブリック・ドメインの写真を配しておく。本誌刊行の三十年前の映像である。

Wakamiya_oji_kamakura_in_1868

「守邦親王は遁れて出家せられしか。八月逝去あり」傀儡に過ぎなかった第九代将軍守邦親王は、得宗北条高時が五月二十二日に自刃すると同時に将軍職を辞して出家し、年内には鎌倉で逝去している。享年三十二。

「足利尊氏爰に舘を搆へし事梅松論に見えたり」鎌倉九 跡」に、

   *

足利上總介義兼第跡 巽荒神の東南の畠地を、土人尊氏の第跡と唱ふ。此所は足利の先祖、上總介義兼〔或作包。〕右大將家の時より爰にすみ給ひし舊跡なり。其後左馬頭義氏も住給ひしが、寳治の頃より、大倉の第地へ移り、爰には泰氏・家時の居館とせられ、讚岐入道貞氏は、また大倉の舊亭に住給ひ、尊氏將軍も元弘の亂前迄は、大倉に住れけるゆへ、此所は舊跡となりしを、【梅松論】に見へたるは建武二年七月、相模次郎時行鎌倉へ亂入の時に、足利直義海道を引退き、八月二日將軍京都御立、三河國矢矧にて、京・鎌倉兩將御對面、夫より兩將また鎌倉へ下向し給ふ。道々七ケ皮の戰ひに討負て、八月十九日鎌倉へ攻入給ふ時、相模次郎沒落せしとぞ哀なり。將軍御兄弟鎌倉に打入、二階堂別當永福寺に御座あり。勅使中院藏人頭中條具光朝臣鎌倉下着、今度逆徒速に靜謐すること、叡慮再三なり。軍功の賞に於ては、京都にて宛行べきなり。早々歸洛有べしとなり。勅答には急ぎ上洛すべき由なりと云云。是迄は彼記に出たり。偖上京をば、直義強て留けるゆへ、暫く延引し給ひ、先若宮大路の、代々將軍家の舊跡に御所を造られしかば、師直以下の諸大名等、軒をならべて構へける。鎌倉の體は、誠に目出たく覺へしと、【梅松論】にあるは、此所の御所の事なり。或は若宮大路の御所とも書ける。扨尊氏將軍、此所に同十二月八日までにて又上洛し給ひ、爰には義詮朝臣を留給ひ、是も觀應二年上洛せらる。同三年正月、將軍此御所に御入、同閏二月武藏野合戰後、基氏朝臣を關東の主に定め給ひ、大倉の亭へ置申されし由、其年月等慥にしるせるものなし。【今川了俊が記】に有所を以て考ふるに、感應三年のことなるべし。

   *

とある記載を受けたものであろう(但し、「巽荒神の東南の畠地」というのはこの「若宮大路幕府蹟」碑からは有意(三〇〇メートル以上)にズレる)。「梅松論」は作者不詳(但し、夢窓疎石に関係の深い足利尊氏方の僧かとも言われる)の軍記物で成立は延元四・暦応二(一三三九)以後とされる。「大鏡」風の問答体という特徴を持ち、上巻では鎌倉の幕府政権を縦覧、下巻では足利尊氏の動静とその正当性を詳述し、最後に夢窓国師の談義により尊氏を称揚する。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十五章 日本の一と冬 歌舞伎見物 | トップページ | 杉田久女句集 282 花衣 LⅠ 爭へる牛車も人も春霞 »