フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「甲子夜話」電子化始動 甲子夜話卷之一 1~5 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  西御門 »

2014/10/08

萩原朔太郎 短歌 全集補巻 「書簡より」 (Ⅱ) + 一首

朝行くに人目涼しき濱や濱小ぐつ玉靴玉漣のあと

 

えにし細う小き砂にたゞ泣きぬ歌は名になき濱のおぼろ月

 

夏さむう歌もたぬ子の罪とはぬ君に上總の興は語られぬ。

 

[やぶちゃん注:明治三五(一九〇二)年八月十三日消印萩原栄次宛葉書より。投函地は同じく一ノ宮青松館。書簡末尾には『八月十二日夜』とクレジットされている。底本の短歌補遺パートの『書簡より』では第一首目を採っていない。これは、『坂東太郎』第三十四号(明治三五(一九〇二)年十二月発行)に掲載された、

 

朝ゆくに人目凉しき濱や濱小靴玉靴漣のあと

 

と相同歌と考えたからであろう(底本の書簡ではこの「玉漣」の「玉」の右に、前の「玉靴」の「玉」の衍字と判断する意味の傍点が附されてある)。但し、「ゆくに」「小靴」の表記が異なり、何よりもこの書簡の方が『坂東太郎』より先行するので初出としてこれは採るべきであると私は判断した。そもそも「玉漣」も確かに衍字が深く疑われるとはいえ、これをこう書いて「玉漣(さざなみ)」と読ませようとした可能性を誰も排除は出来ないというのも私が採用した今一つの理由でもある。

 二首目は、「ソライロノハナ」(推定で大正二(一九一三)年四月頃、朔太郎満二十七歳の時の製作)の「若きウエルテルの煩ひ」歌群の三首目に出る、

 

ゑにし細う冷たき砂にたゞ泣きぬ

戀としもなき濱のおぼろ月

 

の類型歌であるが、かなり異なる(「ゑにし」はママ)。三首目末尾の句点はママ。この短歌が本文の最後であることによるものと思われるが、暫くそのままとしておく。

« 「甲子夜話」電子化始動 甲子夜話卷之一 1~5 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  西御門 »