フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 96 其のまゝよ月もたのまじ伊吹山 | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 98 はやはやさけ九日もちかし菊の花 »

2014/10/16

今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 97 こもり居て木の實草のみひろはゞや

97本日二〇一四年十月十六日(当年の陰暦では九月二十三日)

   元禄二年九月 四日

はグレゴリオ暦では

  一六八九年十月十六日

【その二】同日の前句に示した大垣藩家老格戸田権大夫戸田恕水の大垣室町の別荘に招かれての句。「恕水(如水)日記」四日の条にも載る。

 

  恕水(じよすゐ)亭別墅(べつしよ)にて即興

こもり居て木の實草のみひろはゞや

 

[やぶちゃん注:「後の旅」(如行編・元禄八年刊)。そこではこれに恕水が、

 

こもり居て木の實草のみひろはゞや

   御影(みかげ)たづねん松の戸の月

 

と付けており、表六句まで続けているが、『家中士中に先約有ㇾ之故、暮時より歸申候』とあって、ここまでで止めたことが分かる(山本健吉「芭蕉全句」に拠る)。「家中士中に先約有ㇾ之」は次の句を参照。芭蕉の側の都合である。

 恕水の下屋敷の閑静なさまを言祝いだ一見、外連味のない句柄であるが、私はこの「木の實草のみ」を「ひろ」うて食い、「こもり居」たいという芭蕉は、やはり遁世の伯夷・叔斉への自身の憧憬を孕ませていると見る。どこかこの前後、芭蕉の漠然とした他者に対する――のみならず自己存在に対してすら――何か曰く言い難い幽かな忌避感覚が、彼の身体から匂い出ているように思われてならないのだが。……]

« 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 96 其のまゝよ月もたのまじ伊吹山 | トップページ | 今日のシンクロニティ「奥の細道」の旅 98 はやはやさけ九日もちかし菊の花 »