フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 287 菊ヶ丘 Ⅱ 一束の緋薔薇貧者の誠より | トップページ | 橋本多佳子句集「海彦」  阿蘇 »

2014/10/06

杉田久女句集 288 菊ヶ丘 Ⅲ 大乘寺 十句

  大乘寺 十句

 

一椀の餉にあたゝまり梅雨の寺

 

實桑もぐ乙女の朱唇戀知らず

 

旅に出て病むこともなし栗の花

 

栗の花うごけば晴れぬ窓の富士

 

栗の花そよげば箱根天霧らし

 

かなかなに醒めて涼し午前四時

 

[やぶちゃん注:「かなかな」の後半は底本では踊り字「〱」。]

 

雲海の夕富士あかし帆の上に

 

ヨット見る白樺かげの椅子涼し

 

草の名もきかず佇み苑の夏

 

苔庭をはくこともあり梅みのる

 

[やぶちゃん注:「大乘寺」坂本宮尾氏の「杉田久女」の一六一頁に、「栗の花そよげば箱根天霧らし」と「かなかなに醒めて涼し午前四時」が掲げられて、『俳句研究』昭和一〇(一九三五)年九月号の「富士と旅人」十句の中の二句とあり、さらに『これは蘇峰の山中湖畔の別荘を訪れた折の吟であろう』と推測されておられる。大乗寺という寺は山梨県内に複数あるが、山中湖に近いそれとなると静岡県御殿場市仁杉(ひとすぎ)地区にある浄土宗のそれか。国道百三十八号沿いで、山中湖からは道なりで十四キロメートルほど離れている(由緒などは浄土宗公式サイトの廣智山大乗寺を参照されたい)。しかしこの寺からヨットが見えるというのは地図上からは位置的に無理がある。同定が正しいか、識者の御教授を乞う。]

« 杉田久女句集 287 菊ヶ丘 Ⅱ 一束の緋薔薇貧者の誠より | トップページ | 橋本多佳子句集「海彦」  阿蘇 »