フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 海鼠 附録 雨虎(海鹿) 栗本丹洲(「栗氏千蟲譜」巻八より)――全面改稿 国立国会図書館蔵原色原画画像添付 | トップページ | 耳嚢 巻之九 氏康狐を征する歌の事 »

2014/10/13

『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 高松寺 / 來迎寺

    ●高松寺

報恩寺舊蹟の向ひ東北の谷にありて。西御門の内なり。壽延山(じゆえんざん)と號す。法華宗なり。寛永十九年八月。水野淡路守重良太平廢寺跡に就(つい)て起立す。追福(ついふく)の爲に創建せしなり。住職第一世は重良か幼女にて日隆尼と號あり。二世は隆か俗妹にて日祐尼と云ふ。三世日宗か時より世々(よゝ)男僧住職す。

[やぶちゃん注:本誌発刊当時は現存した。「鎌倉廃寺事典」によれば、関東大震災で全壊し、昭和六(一九三一)年に宮城県栗原市若柳字川北原畑に移転、同所に現存する(ネット上の日蓮宗公式サイトで確認)。この移転の際、日祐尼の墓は現在、笛田の博物館常盤山文庫に移築されている模様である。]

 

    ●來迎寺

來迎寺は高松寺の南隣にあり。時宗一遍上人が開基にて藤澤の淸淨光寺の末寺なり。

[やぶちゃん注:ここの本尊如意輪観音は私が鎌倉で最もエクスタシーを感ずる仏像の一つである(今一つは浄光明寺の上品中生印を結ぶ阿弥陀像である)。今は豪華な仏殿でおごそかにましましてしまっているがグーグル画像検索「鎌倉 来迎寺 如意輪観音をご覧あれ)……

……私が十九の冬に訪れた時……

……小さな、本当に小さなそのお堂は、普通の町家の家のようで、その中で近隣のお婆さんたちが五、六人集まって、楽しそうに世間話をしていた……

……そのお婆さんたちのすぐ背後に、普通の家の仏壇のような凹んだ棚があり、そこに如意輪観音は座っておられた……

……まさに目の前に……

……その半跏思惟の、滑らかな腕や、ふくよかな脚……

……今にも私の胸の中にしだれかかってきそうな、その顔を拝した時……

……お婆さんの一人が、笑いながら言った……

「……お兄さん、よーぅ、見てって下さいねぇ……」

……私は何故か……

……不思議に……

……顔が赤くなるのを覚えた……

……お婆さんたちから蜜柑と和菓子をたくさん貰った……

「私は夕暮れの坂を――下りました」……]

« 海鼠 附録 雨虎(海鹿) 栗本丹洲(「栗氏千蟲譜」巻八より)――全面改稿 国立国会図書館蔵原色原画画像添付 | トップページ | 耳嚢 巻之九 氏康狐を征する歌の事 »