フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「海彦」 長崎行(Ⅱ) | トップページ | 耳嚢 巻之九 眞忠の論尤の事 »

2014/10/03

林檎の核 歌十七首

[やぶちゃん注:以下は底本全集第二巻「習作集第八卷(哀憐詩篇ノート)」に所収する短歌群の一つ、「林檎の核」歌群。末尾のクレジットによれば大正二(一九一三)年七月十三日の作である。圏点「ヽ」は、編者注に従って推定復元したものである。]

 

 

 林檎の核

 

      歌十七首

 

     1

 

ヽ若き日は既に過ぎ去り

 今の我は

 いたくすえたる林檎の核(たね)なり

 

     2

 

ヽ生くること、此の頃思ふ

 悲しきは夕ぐれて酒場の軒をくぐるなりけり

 

     3

 

 故郷を遠く放れて

 夕まぐれ

 居酒屋の窓に口笛を吹く

 

     4

 

ヽしんしんたる水の音かな

 汽車はまた

 トンネルを出でてゝひたに走れり

 

[やぶちゃん注:「ひた」は底本では傍点「ヽ」。]

 

     5

 

 いかなればきちがひの如くになりて走るや

 旅人の歩む悲しき途をば

 

     6

 

ヽ今日もまた

 酒場を出で一切に思ふ

 旅に出づること、旅に出づること

 

     7

 

 何事もこの空虛をば充たすなし

 酒宴の床(ゆか)に今日も醉ひ伏す

 

     8

 

 ひとりなり、わが獨り身なるはいと悲し

 我とても人間の生きものなれば

 

     9

 

 たれにてもあれ

 我れと歩み行く人はなきか

 盃を合はす友はあらざるか

 

     10

 

 いかなれば我れは哀しき

 あゝいかなれば

 いかなればこそかくは孤獨なる

 

     11

 

 利根川の河原を歩めば

 石ころが、我れに蹈まれてさゞめきにあへり

 

     12

 

 ほの暗きこの部屋の隅に座るは我なり

 いたく哀しみて死を思ふありさま

 

     13

 

ヽかくまでにわが魂(たましひ)をみつめたる

 無氣味さよ、無氣味さよ

 眞晝なり

 

     14

 

 影なりき、わが影なりき

 たれかよく

 己が影をば捕ふるをえん

 

     15

 

 七月中旬(なかば)

 わが心狂へりと泣く

 さる程に向日葵(ひぐるま)の花は咲けり

 

     16

 

 大いなる、瞳(め)はあかく常に燒ゆ

 卑怯ものは背後(うしろ)に笑へり

 

     17

 

かんかんたる酷熱の日に

 きりもなく

 赫土(あかつち)の上に續ける蟻の列かな

 

     17[やぶちゃん注:並列復元(後注参照。「かんかん」は底本では傍点「ヽ」。]

 

ヽかんかんたる酷熱の日に

 きりもなく

 黑く續ける蟻の列かな

 

       (一九一三、七、十三)

 

[やぶちゃん注:以上「17」二首は底本では一首であって、「赫土の上に」と「黑く」の部分が同位置に横に併置(別案)されているのを復元したものである。]

« 橋本多佳子句集「海彦」 長崎行(Ⅱ) | トップページ | 耳嚢 巻之九 眞忠の論尤の事 »