フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北條九代記 卷第六 武藏守泰時廉直 | トップページ | 大和本草卷之十四 水蟲 介類 蚶(アカガイ) »

2014/10/04

飯田蛇笏 山響集 昭和十三(一九三八)年 秋

〈昭和十三年・秋〉

 

無花果熟れ白鵞卵を地に産みぬ

 

無花果にゐて蛇の舌みえがたし

 

樹の栗鼠に蔓の鴉は通草啄(は)む

 

[やぶちゃん注:老婆心乍ら、「通草」は「あけび」。木通。]

 

書に溺れ秋病むこゝろ驕りけり

 

山童(やまのこ)に秋の風吹く萱の蟲

 

  遊龜公園

 

水の鵞に秋ゆく月のなじみけり

 

[やぶちゃん注:現在の山梨県甲府市太田町にある甲府市遊亀(ゆうき)公園。参照したウィキに「遊亀公園」には『太田町公園とも呼ばれる』とあり、ネット検索をかけると、かつては太田町公園と呼ばれていたと認識している方もおられる。『公園敷地は時宗寺院の一蓮寺旧境内で、近世甲府城下町の町人地(新府中)の南端にあたる寺内町』で、明治七(一八七四)年に『境内敷地の一部が県へ移管されて公園となり、甲府城跡にある舞鶴城公園に対して命名され』、大正六(一九一七)年に甲府市へ移管されて大正八(一九一九)年には『公園内の南隅に附属動物園が開園し』ているとある。「靈芝」の昭和十一年の句に、

 

  太田公園

白鳥に娘が韈(ソツク)編む涼みかな

 

という句があり、この「太田公園」とここは同一と思われる。]

 

蘆の花水光虹を幽かにす

 

秋寒や瑠璃褪せがたき高嶺草

 

  K―氏祖母の葬儀に會して

 

駕の僧嚏(はなひ)り露の簾を垂れぬ

 

[やぶちゃん注:「駕」この当時、若しくは葬儀を執り行う主僧はまだ駕籠に乗ったものか? 識者の御教授を乞うものである。]

 

地蜂燒く秋の※土ぬくもりぬ

 

[やぶちゃん注:「※」=「山」+「戔」。この字は音「サン・ザン」で、山の険しい形容である。「ざんど」と読んでおく。]

 

草童のちんぼこ螫せる秋の蜂

 

あな凄(すご)の秋蜂燃ゆる火を螫せり

 

秋の蜂巣を燒く土にころげけり

 

えんやさと唐鍬かつぐ地蜂捕

 

白猫(はくめう)の見れども高き歸燕かな

 

秋燕に日々高嶺雲うすれけり

 

蟬捕つて瞳の炫耀をみれば秋

 

[やぶちゃん注:「炫耀」「げんえう(げんよう)」光り耀くこと、また、耀かせることを言う。「瞳」を「め」と読んでいよう。]

 

秋暑く曇る玉蜀黍(もろこし)毛を垂れぬ

 

蟬とりし蜘蛛をかすめて秋の蜂

 

時化すぎて高萩しるく花つけぬ

 

時化すぎて高萩しるく花つけぬ

 

鬼灯に岸草の刃もやゝ焦げぬ

 

[やぶちゃん注:「岸草の刃」とは川岸のアシやヨシの類いの葉のことか? 今一つ、句のイメージが湧かない。識者の御教授を乞う。]

« 北條九代記 卷第六 武藏守泰時廉直 | トップページ | 大和本草卷之十四 水蟲 介類 蚶(アカガイ) »