フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女句集 293 菊ヶ丘 Ⅸ 温室 六句 | トップページ | ブログ・アクセス630000突破 »

2014/10/22

甲子夜話卷之一 15 平戸の社人、雨乞の事

15 平戸の社人、雨乞の事

予が封内のことなりき。一年旱して苗を育せず。因て社人に命じて雨乞を爲るに驗なし。憎も亦同じ。此時下(シタ)社家の中に、坂本但馬〔名忘〕と云るあり。かく雩祭あれど驗なきは本意なきこと也。冀ば某に命ぜられよと云。乃その請所に任す。坂本乃舟に乘て、廣瀨と云所に抵り、己一人留り、乘たる舟も伴へる人も還し畢て、某所に神案を構へ、其前の石上に安坐し〔此廣瀨と云るは、平戸の城下近き海中なれど、朝鮮に向へる海にて、其處は小き瀨なり。潮滿るときは其瀨隱れ、干れば顯る。洋海に臨たればいつも浪高く寄せ來り、風あれば雪を積み霧の蔽ふが如し〕、もとより覺悟せしと見えて、安坐せる膝の上に大なる石を重積て、浮上らざる設をして祓詞を連詞す。諸人陸より望居るに、やゝありて潮盈來り、次第に坂本が坐に打寄せ、漸々に膝より腹に及び胸に至る。人々いかにと見る間にはや其頷に至れり。今にも頭を沒しなんやと見る。人堅唾を嚥む。其とき天俄にかき曇り、大雨盆を傾く。誠心の感格は不可思議なるものなり。

■やぶちゃんの呟き

「廣瀨」平戸瀬戸の北口にある北東から南東に伸びる細長い岩礁性の小島である広瀬島であろう。釣サイトによればこの島の周辺は潮流も速い。

「雩祭」底本は「うさい」と音で読んでいる。「雩」は雨乞い・雨乞いの祭祀・虹の意を持つ。「説文解字」巻十一には「夏の祭りなり。赤帝に樂し、以つて甘雨を祈るなり。」とある。

「抵り」「いたり」と読む。

「神案」の「案」は物を乗せる机・台であるから、神棚。

「祓詞」「はらへのことば」と読む。

« 杉田久女句集 293 菊ヶ丘 Ⅸ 温室 六句 | トップページ | ブログ・アクセス630000突破 »