フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 偶成   萩原朔太郎 | トップページ | 萩原朔太郎 (短歌三首) »

2014/10/06

晩秋   萩原朔太郎   (短歌十二首)

[やぶちゃん注:以下は底本全集第二巻「習作集第八卷(哀憐詩篇ノート)」に所収する短歌群の一つ、「晩秋」歌群十二首。クレジットはないが、直前にある文語自由詩二つ垣根成」が大正二(一九一三)年十月二十三日のクレジットを持ち、さらにその前のノン・クレジットの文語自由詩晩秋」も含めて、この三詩篇と同一の情景をここでは短歌として詠んでいることが分かる。従って同日か若しくは遠からぬ後日の作歌と考えてよい。取消線は抹消を示す。]

 

 晩秋

 

いつしかに秋もおはりて停車場の

便所の扉(とびら)が風にはためく

 

[やぶちゃん注:「おはりて」はママ。]

 

新町の停車場前の掛茶屋に

酒などのみて見たる晩秋

 

       水のほとりのあづまや

       悲しき別れの日に

けふすぎて水際に嘆けるべこにやも

いかでや人にそがひ泣くらむ

 

こころばへやさしきひととくれ方の

水のほとりをあゆむなりけり

 

ふとこゝろ悲しくなりて場末なる

女郎屋の秋を見に行きしかな

 

うきぐものゆきゝもしげき山の端に

ほのしらしらと咲ける露ぐさ

 

靴さきにすこしなぢめる薄氷(うすらひ)を

朝の役所にさびしみるひと

 

[やぶちゃん注:「なぢめる」はママ。]

 

 

         橋の上にも柳ちりかふ

ゑねちやのごんどらびともしづこゝろ

なくてややなぎ散りすぎにけり

 

[やぶちゃん注:「ゑねちや」は底本では傍点「ヽ」。編者注によれば、この詞書の上には小さな「○」が付されている、とある。]

 

みちもせに俥俥(くるまくるま)と行きかへる

なにしか菊の節會なるらむ

 

めづらしき薄氷(うすらひ)をみて裝(そう)ぞける

宮城野部屋のけさのきぬぎぬ

 

[やぶちゃん注:「そう」のルビはママ。]

 

うぐゐすの池端(ちへん)に鳴けば夜をこめて

まくらべに散るべこにやの花白きべこにや

 

停車場の柵にもたれて日蔭者

しみじみ秋を侘ぶるなりけり

« 偶成   萩原朔太郎 | トップページ | 萩原朔太郎 (短歌三首) »