フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« この寢ぬる都の空に夜遠くすり鐘きこゆ火事かあるらし   萩原朔太郎 | トップページ | 鳥山石燕「今昔百鬼拾遺」より「道成寺の鐘」 »

2014/10/07

萩原朔太郎 短歌 全集補巻 「書簡より」 (Ⅰ)

[やぶちゃん注:以下は一九八九年二月刊の筑摩書房版萩原朔太郎全集補巻の「短歌」パートにある『書簡より』から。これらの電子化を以って現在知られる萩原朔太郎の短歌の内、殆んど総ての電子化を終了することとなる。]

 

いめに見しおほつ鯨の背にのりて九十九里はま今行くらんか

 

その松原都に何んのえにしありてふとのまどひの我たゆたしむ

 

[やぶちゃん注:明治三五(一九〇二)年八月二日消印萩原栄次宛写真葉書より。萩原栄次は従兄(医師であった父密蔵の兄で萩原家医家十一代目萩原玄碩の長男。後に萩原主家十二代目となった。短歌をよくし、クリスチャンでもあったことから、若き日の朔太郎をそちらへよく導いた。朔太郎より八つ年上)。二首の前に『只今靑松館へ到着仕り候』、末尾に『八月朔日』とある。投函地は底本所収の当該書簡によれば『千葉縣下一ノ宮在靑松館』。この避暑行は既刊全集の当該年には記載がない(『夏 一家で水戸海岸平磯へ避暑』とはある。なお、この直前の七月三十日消印の同人宛書簡に『明日九十九里が濱へ出發すべく候』とある)。古絵葉書販売サイト内にあった絵葉書をリンクしておく(宛名画像も)。当時、朔太郎満十五歳。因みにここは後の大正五(一九一六)年に大学卒業直後の芥川龍之介(「芋粥」脱稿直後で二十四歳)が久米正雄と避暑に訪れた「一宮館」の近くである。

「いめ」は「夢」の上代語で「寝目(いめ)」。「ゆめ」は平安以降に用いられた。
校訂本文は「おほつ」を「おほき」とする。採らない。]

« この寢ぬる都の空に夜遠くすり鐘きこゆ火事かあるらし   萩原朔太郎 | トップページ | 鳥山石燕「今昔百鬼拾遺」より「道成寺の鐘」 »