フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« イリューシャのワルナヴィーツィの幽霊 | トップページ | タルコフスキイに撮らせたい「ビェージンの草原」の1シークエンス »

2014/11/08

イリューシャの一年以内に死ぬ人間に見えるドッペルゲンガーの話

イリューシャが語る。じきにお迎えが来るウリヤーナ婆さんの話。
 
……コスチャが口を出す、「おれはまた、萬聖節の時しか、死んだ人には會へないと思つてた」
 「死んだ人にはいつだつて會へるよ」と、私の見たところでは、誰よりもよく村の迷信に通曉してゐるらしいイリューシャが確信ありげな口吻で引き取つた、「だけど、萬聖節の日には、その年に死ぬ番にあたつてゐる人なら、生きてる人でも見分けられるつてよ。見たければ、夜、教會堂の玄閲に立つて、じつと街道の方ばかり見てりやいいんだ。さうすると、生きてる人がな、それ、その年のうちに死ぬ人が、道を通り過ぎるんだ。去年は、村のウリヤーナ婆さんが教會堂の玄闊へ見に行つたんだ」
 「それで、誰を見たんだい?」とコスチャが好奇心をもつて訊ねる。
 「見たとも。初めはずいぶん長いこと、じいつと坐つて待つてたけんど、誰も見(め)えねえし、なんにも聞こえねえ……、ただ犬つころが何處かで、かうして一しきりに吠えてゐる、いつまでも吠えてゐる、そんな氣がするんだ……、そのうちにひよいと見ると、小徑を男の子が襯衣一枚で歩いて來る。ようく見ると、イワーシカ・フェードセーフがやつて來るんだ……」
 「あの、この春死んだ子供?」とフェーヂャがさへぎる。
 「うん、さうだ。あれがとぼとぼ歩いてて、顏を上げねえんだ……、それでも、ウリヤーナ婆さんには誰だか分かつたんだ‥…、でも、それからまた見ると、今度は婆さんが歩いてる。ウリヤーナ婆さんは一生懸命に見ると――、え、たまげるだらう! ……その道を歩いてる婆さんは自分なんだ。あのウリヤーナ婆さんがな、自分でよ」
 「自分でなんて、そんなことがあるもんか?」とフェーヂャが訊ねた。
 「ほんとだとも。嘘ぢやねえよ」
 「でも、變だなあ、あの婆さんはまだ死なないぢやないか?」
 「だつて、まだ一年とたたないもの。見ろよ、あの婆さんはやつと呼吸(いき)をついてるだけなんだから」(「猟人日記」「ビェージンの草原」中山省三郎訳より)

« イリューシャのワルナヴィーツィの幽霊 | トップページ | タルコフスキイに撮らせたい「ビェージンの草原」の1シークエンス »