フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十五章 日本の一と冬 モース、日本語廃止論をかます | トップページ | 杉田久女句集 300 杉田久女句集未収録作品 Ⅵ 大正七年(2) »

2014/11/03

橋本多佳子句集「海彦」 赤目溪

 赤目溪

 

木菟明眸をりをり月に瞼伏せ

 

月光を羽毛にふくめ木菟ねむし

 

月の嶺(みね)音なき滝を天(あま)垂らし

 

長路来て泉さそへば足浸ける

 

泉に足行く手の長路(ながぢ)頭(づ)に白らけ

 

泉に入れ胸腹熱き碧蜥蜴

 

手をついて深淵の静(せい)滝わすれ

 

朴落葉ひき入れつよき底流れ

 

月の瀬々また滝なして溪展(ひら)く

 

[やぶちゃん注:「赤目溪」三重県名張市赤目町を流れる滝川の渓谷にある一連の滝を持った赤目四十八滝渓谷のこと。参照したウィキの「赤目四十八滝によれば、古えより『山岳信仰の聖地であり、地元には「滝参り」という呼び方が今も残』り、『奈良時代には修験道の開祖である役行者(役小角)の修行場ともなった』。『地名「赤目」の由来は、役行者が修行中に赤い目の牛』『に乗った不動明王に出会ったとの言い伝えにあるとされる。 また、役行者および修験道と関連するが、忍者の修行場であったとも伝えられている』。『滝のある渓谷はおよそ』四キロメートルに『わたって続き、峠を挟んで香落渓(こおちだに)へとつながっている。 渓谷は四季折々に楽しめるハイキングコースとなっており、紅葉の名所としても知られていて、秋には関西・中京方面などから多くの観光客で賑わいを見せる』。『渓谷とその周辺地域は野生動物と植生の宝庫である。特に渓谷は』『オサンショウウオの棲息地として知られ』る。赤目四十八滝の内でも比較的大きな五つの滝を赤目五瀑(不動滝・千手滝・布曳(ぬのびき)滝・荷担(にない)滝・琵琶滝)と称する、とある。年譜の昭和三〇(一九五五)年の条に、『八月二十九日、俳句が出来ないので、津田清子に案内され、赤目の滝に吟行。滝本屋に一泊。宿の窓にみみずくが止る。幼鳥のときに拾われ、飼われて育ち、成鳥となり山に還されたもの。しかし、腹が空くと、餌をもらいに滝本屋にもどってくる』とある。滝本屋は赤目町赤目四十八滝に現存。公式サイトは。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十五章 日本の一と冬 モース、日本語廃止論をかます | トップページ | 杉田久女句集 300 杉田久女句集未収録作品 Ⅵ 大正七年(2) »