フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« コスチャのルサルカの怪談 | トップページ | イリューシャのワルナヴィーツィの幽霊 »

2014/11/08

イリューシャの羊の怪

イリューシャが語る。羊の怪異。
 
 
「あのな、こんなことがあつたんだ。フェーヂャ、きつとお前(めえ)、知んめえけんど、おら方のあすこにはな、土左衞門が埋まつてんだ。昔々、池がまだ深かつたころに土左衞門になつちやつたんだ。墓場はまだ見(め)えら。少し見(め)えら。こんなにな、土饅頭がな……。それでな、先日(せんころ)、お邸(やしき)の番頭が、獵犬番(いぬばん)のエルミールを呼んで、『エルミール、駅遞(えきてい)へ行って來う』って言つたんだ。おら方のエルミールはしよつちゆう駅遞さ行くのが役目だつたんだ。自分の預かつてゐた獵犬(いぬ)をみんな死なつしやつたんで。何でだか知んねけんど、エルミールの手にかかると犬が生きてかねんだ。本當にいつも生きてたこたあねえんだ。いい獵犬番(いぬばん)でな、非のうちどころのねえ人間だけんど。それでな、エルミールは郵便とりに馬に乘つてつて、町でぐづぐづして、歸りにはもう醉つぱらつてた。その晩は明るい晩で、お月樣も照つてゐた。……かうしてエルミールは土堤のところにさしかかつた。通り道だから仕方がね。そこを獵犬番(いぬばん)のエルミールが馬に乘つて通ると、土左衞門の墓のうへに、小羊が、眞つ白い、縮れつ毛の可愛らしい小羊が行つたり來たりしてゐる。それで、エルミールは『よし、一つあいつを捕まへてやらう、――なんで逃すもんか』と思つて、馬から下りて、兩手で抱き上げたんだ。……それでも羊は平氣の平左なんだ。エルミールが馬のそばまで來ると、馬は鼻を鳴らしながら飛びのいて、しきりに首を振るんだ。それでも、その人は『どうどう』と馬にいつて、羊を抱いたまんま馬に乘つて、また進んで行つた。羊を胸のところへ抱へて。エルミールが羊を見ると、羊もじいつとエルミールの顏を見るんだ。こんなにな。それで、獵犬番(いぬばん)のエルミールも氣味が惡くなつて來た。『羊がこんなに人の顏を見つめるなんて、まだ聞いたことのないことだ』と思つたが、別に變つたこともない。こんな風に羊の毛を撫でて、『羊(めえ)、羊(めえ)!』つていつたんだ。さうすると、直ぐに羊も齒をむき出して、『羊(めえ)、羊(めえ)!』つていふんだつて……」(「猟人日記」「ビェージンの草原」中山省三郎訳より一部の読みを追加)

« コスチャのルサルカの怪談 | トップページ | イリューシャのワルナヴィーツィの幽霊 »