フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之一 22 俊明廟、御幼少のとき大字御認の事 | トップページ | 橋本多佳子句集「海彦」 秋 青野分 »

2014/11/09

杉田久女句集 303 杉田久女句集未収録作品 Ⅸ 大正七年(4)

 

生計(たつき)たつる花畠に風雨憂ひけり

 

花畠に色澄む峰や蜂群るゝ

 

用なき灯厨尚ある春夜かな

 

河にむいて厨窓灯す春の宵

 

春夕べホ句なし竈赤く燃ゆ

 

卓の皿そのまゝや消す春夜の灯

 

今日の客にみがくナイフや櫻草

 

洗濯に主從仲よし椿かげ

 

洗ひ干すこの衣皆赤し桃の風

 

犬にむごき婢をたしなめぬ木瓜の雨

 

つま立てゝ桃に竿のす小婢かな

 

[やぶちゃん注:「小婢」「せうひ(しょうひ)」と音読みしていよう。]

 

婢がしめし木戸おす犬や春の雨

 

花吹雪犬をつないで外出かな

 

晝飯たべに歸り來る夫日永かな

 

[やぶちゃん注:「晝飯」は「ひる」、「歸り來る夫」は「かえりくるつま」と訓じていよう。]

 

或時は憎む貧あり花曇

 

ソース煮て冷せる鍋や春あつし

 

笊に摘む花菜つぼみや彌生盡

 

彌生盡子を連れてよく出でありく

 

彼岸會の鐘のとゞかぬ野住かな

 

垣の根の菫摘む子をいましめぬ

 

  舊師の訃報

 

ゑがきまとむる面影あはし花の雨

 

[やぶちゃん注:「舊師」不詳。]

 

讀みうめば首振り人形日永かな

 

畫く父ホ句よむ母や野邊遊び

 

[やぶちゃん注:久女にもこうした小さな至福の瞬間があったことに、私はどこかで心救われる気がするのである。]

« 甲子夜話卷之一 22 俊明廟、御幼少のとき大字御認の事 | トップページ | 橋本多佳子句集「海彦」 秋 青野分 »