フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« イリューシャの山霊にルングワンダリングさせられた百姓の話 | トップページ | 最後の怪異――コスチャの語る幼馴染みのワーシャの死……そしてパウルーシャの聴いた川底からの……ワーシャの声…… »

2014/11/08

ロシアの河童ワジャノイに引かれたと噂される狂女アクリーナの真相

 
イリューシャの怪談にコスチャが真相を語る。ロシアの河童ワジャノイとそれに引かれて狂ったとされるアクリーナの物語である。
 
……パーウェルは立ち上つて、空になつた鍋を手にとつた。
 「どこへ行くんだ?」とフェーヂャが訊く。
 「川さ水汲みによ。水飮みたくなつたから」
二匹の犬も立ち上つて、そのあとをついて行く。
 「氣をつけて、川ん中さ落つこちんなよ」イリューシャが後から聲をかける。
 「なんで落つこちるもんか?」フェーヂャがいふ、「あれは氣をつけてるもの」
 「うん、そりやさうだがな。でも、いろんなことがあるからな。それ、屈んで水汲むだらう。さうすると、河童(ワヂャノイ)が手をつかまへて、水ん中へ引つ張り込むかも知れないよ。さうすつと、後でみんなが、あの子は水へ落つこちたつて、さういふだらう、……けども、落つこちたんぢやないよ!……ほうら、葦ん中へ這ひ上つた」彼は耳を傾けながら言ひ足した。
 なるほど葦が押し分けられて、私たちの方で俗にいふ『さやさや』といふ音を立てる。
 「ほんとかな、あれは」とコスチャが訊ねる、「あの馬鹿のアクリーナが水ん中に落つこちてから、氣が違つたつていふのは?」
 「さうよ、あの時からだよ……今ぢやあんなざまになつて! それでも元は好い女だつけつて。河童(かつぱ)に祟(たた)られたんだよ。きつと、河童は、みんながあんなに早くアクリーナを引き出すなんて思はなかつたんだよ。それであの、水の底で崇つたんだな」
(私もこのアクリーナには一再ならず會つてゐる。襤褸をまとひ、恐ろしく瘦せ細つて、炭やうに眞黑な顏をし、濁つた眼つきをして、いつも齒をむき出し、ともすると道の眞ん中に、骨と皮ばかりの兩手をしっかりと胸にあてて、檻の中の野獸のやうに、そろそろとよろめきながら、何時間も一つところで足踏みしてゐる。何をいつても通じないで、ただ時をり引き吊つたやうに高笑ひをするばかりである)
 「みんなの話だと」とコスチャが續ける、「川へ身投げしたのは、色男に欺されたからだつて」
 「ほんとだ」(「猟人日記」「ビェージンの草原」中山省三郎訳より。但し、一部、脱字と思われる箇所に手を加えてある)

« イリューシャの山霊にルングワンダリングさせられた百姓の話 | トップページ | 最後の怪異――コスチャの語る幼馴染みのワーシャの死……そしてパウルーシャの聴いた川底からの……ワーシャの声…… »