フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ――芭蕉枕邊―― 杜若似たりや似たり水の影 | トップページ | ――芭蕉夜伽―― 岩躑躅染むる涙やほととぎ朱 »

2014/11/27

――芭蕉枕邊―― 夕㒵に見とるゝや身もうかりひよん

 

夕㒵に見とるゝや身もうかりひよん

 

(ゆふがほにみとるるやみもうかりひよん)

 

――寛文七(一六六七)年――芭蕉二十三歳――

 

……私も……そんな風に夕顔の花に……その花蔭に住まう女性(にょしょう)に……見とれてしもうたこと……これ、御座いました…………

 

[やぶちゃん注:「うかりひよん」(うかりひょん)は副詞で、物事に気をとられてしまって恍惚とする、うっかりとするさまをいう語。新潮日本古典集成の今栄蔵校注の「芭蕉句集」には、『夕顔が秋に結実させる瓢簞(ひょうたん)あ水に浮きやすいので「浮かれ」に、また「瓢」を「ひよん」に通うわせた。縁語と掛詞』とあり、山本健吉氏の「芭蕉全句」では『夕顔の巻も連想され、たおやかな美人の夕化粧した顔のイメージがあろう』と記される(今氏も同じことを注している)。但し、この句、「続山井」(湖春編・寛文七(一六六七)年刊)に『いが上野松尾 宗房』(中村俊定校注「芭蕉俳句集」に拠る)で出るのであるが、山本氏も前掲書で指摘されているように、実はこれに先立つ八年も前の万治元(一六五九)年の「鉋屑集」(かんなくずしゅう・胤及編・万治二年刊)に、「俊之」という別人の句として、

 

 夕顔の花にこゝろやうかれひよん

 

という酷似した作品が既にある。尚且つ、まずいことに、中村俊定校注「芭蕉俳句集」にも注で示されてある通り、「詞林金玉集」(宗臣編・延宝七(一六七九)年序)には、散逸してしまったと思われる不詳の俳書「耳無草」からの引用として、

 

 夕顔の花に心やうかりひよん

 

という、俊之という人物の句と全く相同の句形で、しかも作者を『桃靑 伊州上野松尾宗房』として掲載されてしまっているのである。現在、多くの書が「夕㒵に見とるゝや身もうかりひよん」という本句を芭蕉の真作として認定して載せており(今・中村・山本三氏とも)、山本氏などは前掲書の評でわざわざ、俊之の先行作品があると『知っていたら、もちろん発表しなかっただろう』と記しておられる。芭蕉にしてみれば、この句がまさか、現代の芭蕉俳句集に厳然と鎮座し、しかもこのような事実まで暴露されていようとは夢にも思わぬに違いあるまい。]

« ――芭蕉枕邊―― 杜若似たりや似たり水の影 | トップページ | ――芭蕉夜伽―― 岩躑躅染むる涙やほととぎ朱 »