フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 尾形龜之助「十二月の路」  心朽窩主人・矢口七十七中文訳 | トップページ | 今日の芭蕉シンクロニティ 秋深き隣は何をする人ぞ »

2014/11/15

今日の芭蕉シンクロニティ 月澄むや狐こはがる兒の供

本日二〇一四年十一月 十五日(本年の陰暦では閏九月二十三日)

   元禄七年 九月二十八日

はグレゴリオ暦では

  一六九四年十一月 十五日

である。芭蕉五十一歳、芭蕉の永遠の旅立ちはこの十三日後のことであった。

【その一】この日、芭蕉は畦止(けいし:長谷川敬之。洒堂の大坂での門弟であった。)亭で句会に臨んだ。これが結局、芭蕉最後の俳莚となった。

 

  畦止亭におゐて即興

   月下送兒(げつか、ちごをくる)

月澄(すむ)や狐こはがる兒(ちご)の供(とも)

 

[やぶちゃん注:「其便」(そのたより・泥脚編・元禄七年序)に載る。「芭蕉翁追善之日記」(支考著・元禄七年稿)には、「廿八日、畦止亭にうつり行、その夜ハ秋の名殘をおしむとて七種(ななくさ)の戀を結題(むすびだい)にして、おのおの發句しける。其一 月下送ㇾ兒」として掲げられてある。山本健吉氏の「芭蕉全句」によれば、この俳席には『芭蕉・畦止の他に、洒堂・支考・惟然・泥足・之道の計七名である。例えば洒堂は「寄鹿憶婿」の題で、支考は「寄薄恋老女」の題で作り、その他もそれぞれ恋の題目を立てて発句を作っている。芭蕉の題の「児」とは小人であり、生涯の最後の時にあたって、芭蕉が結題として男色の恋を選んでいることが面白い』と評しておられるが、私はこの句に若衆道を超えた不思議な「恋」を感ずるのである。  

 私はこの「七種の戀」という俳莚の題を提案したのは芭蕉ではなかったかと考えている。

 芭蕉はこれを以って――自身の生涯の「恋」を――自身が童子に戻ることによって――追体験したのだと確信するのである。 

……この供をしているのは無論、若衆を愛する芭蕉ではある……

……が……

……しかも……

……その「大人の芭蕉」に手を引かれて夜道――黄泉路――を行くのも……

これ……同時に実は……

――少年である芭蕉自身――

なのではあるまいか…………]

« 尾形龜之助「十二月の路」  心朽窩主人・矢口七十七中文訳 | トップページ | 今日の芭蕉シンクロニティ 秋深き隣は何をする人ぞ »