フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之九 剛勇伏狐祟事 | トップページ | 北條九代記 卷第六 勝木七郎子息則定本領安堵 »

2014/11/30

生物學講話 丘淺次郎 第十二章 戀愛(4) 二 暴力(Ⅱ)

 

 獸類の雄も多くは強制的に雌を服從せしめるもので、あるいは追ひまはしたり追ひつめてこれを咬んだり突いたり蹴つたり、隨分甚だしい殘酷な目に遇はせ、終に雌をして抵抗を斷念するの止むなきに至らしめる。これは恐らく無意味なことではなく、その種族の維持繼續にとつて何か有益な點があるのであろう。詳しいことはわからぬが、受精のよく行はれるためにはまづ雌雄の生殖器も神經系も、それに都合の好い狀態にならねばならぬが、雄が追ひ雌が追はれなどして居る間にこれらの器官が受精を行ふに適する狀態に達するのではなからうか。もしさうであるとすれば、他から見て殘酷に見える所行は實は受精のための準備である。雌雄の蝶が出遇うても、決して直には交尾せず、長い間相戯れて居るが、これも受精を行ふに適するまでに身體を準備して居るのであらう。動物園で獅子や虎が交尾する前には、必ず吼えたり咬み合うたりして、夫婦で大喧嘩をするのもこれと同樣で、蝶が平和に相戯れるのも御子が殘酷に咬み合うのも目的は同じである。特に獸類で受精が暴力によつて行はれる場合には、代々最も強い雄の種が殘るわけとなつて、種族の發展の上にも幾分か好い結果を生ずるであらう。

 

 なほ動物の種類によつては、眞に暴力を用ゐるのでなく、たゞ形式だけ暴力を用ゐる眞似をするものがある。これはむろん一種の戲であるが、小鳥類などを見ると、往々雌が逃げ雄が追ひながら、こゝかしこと飛び廻つて居る。しかも遂げる者は決して眞に逃げる積りではなく、たゞ交尾までに若干の時間を愉快に費して、受精の準備をするだけである。かやうな場合には、雌は往々一時雄の見えぬところへ隱れることがあるが、雄が直に見付ければ更に他へ逃げ、もし雄が近處ばかりを搜して容易に見付け得ぬと、雌は一寸頭を出し、自分の居る處を雄に知らせて再び隱れて待つて居る。即ち子供らのする「隱れん坊」の遊戲と全く同じやうなことをして戲れて居るのであるが、形式だけは雄は追ひ雌は逃げ、終に追ひ詰められて相手の意に從ふやうな體裁になつて居る。これはたゞ一例にすぎぬが、鳥類や獸類には雌の竝んで居る前で、雄が戰爭の眞似をして見せるものの少くないことなどを考へると、眞に雄が暴力を用ゐるものから、さまざまの平和的の手段によつて雌をして喜んで雄の要求に應ずるに至らしめるものまでの間には無數の階段があり、しかもその目的はいづれの場合にも同一であつて、たゞ種族の維持のために受精を完全に行はしめるにあることが知られる。

« 耳嚢 巻之九 剛勇伏狐祟事 | トップページ | 北條九代記 卷第六 勝木七郎子息則定本領安堵 »