フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 2014「奥の細道」シンクロニティ全記録 注・藪野唯至 PDF版公開 | トップページ | 杉田久女句集 299 杉田久女句集未収録作品 Ⅴ 大正七年(1) »

2014/11/02

橋本多佳子句集「海彦」 北の蒼

 北の蒼

 

郭公や明さとなるか北の蒼

 

[やぶちゃん注:「明さ」は「あかるさ」ではとてもであるが、「あかさ」では意味が取れない。「あけさ」で明け方の謂いか。お手上げ。識者の御教授を仰ぎたい。]

 

遁走によき距離蛇も吾も遁ぐ

 

[やぶちゃん注:この句は腑に落ちる。悪くない句である。]

 

炎天の鵜や遠かける羽づかひ

 

[やぶちゃん注:これも面白い。モンタージュが面白い。]

 

いたどりの酸さを渋さを弟(おと)に教せ

 

[やぶちゃん注:「酸さ」は「すさ」であろう。「教せ」は「をせ」か。しかし文法的に「教(を)す」という語は古語になく、無理がある。しかし、「けうせ(きょうせ)」では意味もおかしいし、韻律も頗る悪い。何となく川柳なら「教(を)せ」はありそうだが。意味は分かるがこれも何だかしっくりと腑に落ちない。お手上げである。とんでもない読み違いを私はしているのか? 識者の御教授を仰ぎたい。]

 

炎天下鉦が冴え音のチンドン屋

 

[やぶちゃん注:これもモンタージュとSEが効を奏した佳句と思う。]

 

わが夜床火虫に新参の青蛾加ふ

 

[やぶちゃん注:「新参」は「あらて」か。そうでも読まないと韻律が如何にも悪いのだが。鬼趣があって好きではあるが読み方が今一つ不審。

 何か、この句群、孰れも用字も修辞も奇異で、路上パフォーマンスを眺めるようで、面白く感じながらも、今までの多佳子の句に感じない非常な戸惑いを覚える。全体に識者の眼から鱗の御見解を乞いたいというのが正直なところ。]

« 2014「奥の細道」シンクロニティ全記録 注・藪野唯至 PDF版公開 | トップページ | 杉田久女句集 299 杉田久女句集未収録作品 Ⅴ 大正七年(1) »