フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 国会書記夢又はアカシック・レコード夢 | トップページ | ガルシン 信号 神西清訳 »

2014/11/06

何だか予知夢?

今日未明の三番目、最後の夢。

僕は右腕首の再手術[やぶちゃん注:私は事実、九年前に右橈骨遠位端骨折をしており、最近、正直あまり具合はよくない。]をすることになる。

しかも右の腎臓と膵臓も手術を要すると医師に告げられている。

医師は午前中に腕を、午後に続けて腎臓と膵臓の術式を行うと告げる。

そんな過酷なオペで大丈夫なのかと訊ねると、医師は

「大丈夫です」

とこともなげに答えるのだが、その表情には何かカフカの小説の登場人物のような悪意の秘密が刻印されているように思われるのであった。そうして付け加えて言うことに、

「今のうちに懐かしい場所を旅していらっしゃい」

と勧めるのであった……

[やぶちゃん注:以下、夢の記憶が曖昧で、これが続いていたものなのか別な夢なのかは定かではないが、ストーリーとしては断絶していないように感じられる。]

……僕は中学高校を過ごした富山の高校を友人のカメラマンと訪ねている。

女生徒たちがグラウンドで遊んでいる。その一人に僕が高校生の頃の何人かの先生の名を訊ねてみるのだが、無論(ここは事実に即して40年が経過している)、誰も知らない。
しかし、それを彼らが職員室に注進しに行くや、全職員が全校生徒を従えてグラウンドの僕らのところへと押し寄せてくるのであった。

僕はグラウンド片隅の小高い丘になった何かの校碑の横へと走り逃げる――

そして――

左手を天指して掲げた――

すると……

僕はそのままに――

石像と化してしまうのであった…………



以下は、さっきの事実。

今朝方、暫く逢っていないその夢に出た友人のカメラマンから妻に電話があった。
それによると、僕らの共通の酒好きの友人に昨夜逢ったそうだが、彼は膵臓炎を患って酒が飲めなくなっており、「やぶちゃんに自戒を込めて用心しろよと伝えてくれ」とのことであった。

« 国会書記夢又はアカシック・レコード夢 | トップページ | ガルシン 信号 神西清訳 »