フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ロシアの河童ワジャノイに引かれたと噂される狂女アクリーナの真相 | トップページ | パウルーシャの最後の台詞(「猟人日記」「ビェージンの草原」中山省三郎訳より) »

2014/11/08

最後の怪異――コスチャの語る幼馴染みのワーシャの死……そしてパウルーシャの聴いた川底からの……ワーシャの声……

 
 「それから、ワーシャを覺えてつか?」悲しさうな聲でコスチャが附け足す。
 「どのワーシャよ?」とフェーヂャが訊ねる。
 「ほら、あの、この川へ落つこちて死んだのよ」コスチャが答へる、「やつぱりこの川でだ。何て可愛い子だつたかなあ! ああ、とてもいい子だつたがなあ! おつ母さんのフェクリスタはあのワーシャをどんなに可愛がつたか知れないんだ! フェクリスタには、あの子に水の崇りがあるつてことは、蟲が知らした見(め)える。夏なんか、ワーシャと俺(おん)ら、子供ら仲間で、小川さ水浴びに行つたりすると、おつ母さんは慄へ上つて氣を揉んだんだ。ほかのおつ母さんたちは何でもねえ、手桶もつてそのそばを往つたり來たりして、えつちらおつちらしてるのに、フェクリスタは手桶をおろして、「お歸り、坊や、お歸り! ああ、お歸りよ、いい子だから!」つて呼ばつてたんだ。一體、どうして水へ落つこちたんだか、誰も知らねえんだよ。川つぷちで遊んでて、おつ母さんもその邊にゐて、乾草を搔き寄せてたんだ。そして、ひよいと氣がつくと、誰か水ん中で泡ふいてるやうな音がした。ようく見ると、もう水の上にやワーシャのしやつぽばかりが浮かんでるんだ。それからだよ、フェクリスタが氣が變になつちやつたのは。川つぷちへ行つては、ワーシャの落つこちたところへ寢そべつて、歌うたつてるんだ。ほれ、ワーシャがいつもあんな歌をうたつてたらう。あの歌をフェクリスタもうたひながら、泣いて、泣いて、神樣にさんざん泣き言をいつてるんだ……」
 「ああ、パウルーシャがかへつて來た」とフェーヂャが、いふ。
 パーウェルは水をいつぱいに入れた鍋をもつて、焚火のところへやつて來た。
 「おい、みんなら」一寸のあひだ默つてゐたが、やがて彼は言ひ出した、「變な事あつたぞ」
 「何がよ?」コスチャが急き込んで訊ねる。
 「ワーシャの聲が聞えたんだ」みんなは一せいに身慄ひした。
 「何だつて、おい、何だつて?」とコスチャが廻らぬ舌でいふ。
 「ほんとだよ。おれが水汲まうと思(も)つて、こごんだら、いきなりワーシャの聲で、水の底から聞えてくるみたいに、『パウルーシャ、パウルーシャ、こつちへおいで』つて、かういつて呼ぶ聲が聞こえるんだ。おらあ、逃げて來た。でも、水だけは汲んで來たよ」
 「ああ、どうしよう、どうしよう」と子供たちは十字を切りながら口々にいふ。
 「パーウェル、そりや河童(ワヂャノイ)が呼んだんぢやないか」フェーヂャがなほも言葉をつづける……、
 「こつちぢや丁度いま、あのワーシャの話をしてたとこだ」
 「ああ、緣起が惡い」とイリューシャが一句一句に間を置いていふ。
 「なあに、大丈夫だよ、かまふもんか!」とパーウェルはきつぱり言ひ放つて、また腰をおろした、「どうせ運は免(のが)れらんねえんだもの」
 子供たちは、靜かになる。見たところ、パーウェルの言葉が子供たちに深い感銘を與へたらしい。子供たちは、いよいよ眠らうとでもしてゐるらしく、焚火の前に横になり始めた。(「猟人日記」「ビェージンの草原」中山省三郎訳より)

« ロシアの河童ワジャノイに引かれたと噂される狂女アクリーナの真相 | トップページ | パウルーシャの最後の台詞(「猟人日記」「ビェージンの草原」中山省三郎訳より) »