フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ――芭蕉最期の枕邊にて―― 見るに我も折れるばかりぞ女郎花 | トップページ | 杉田久女句集 307 杉田久女句集未収録作品 ⅩⅢ 大正八年(1) »

2014/11/28

――芭蕉最期の枕邊にて―― 見る影やまだ片なりも宵月夜 / 芭蕉逝去

 

見る影やまだ片なりも宵月夜

 

(みるかげやまだかたなりもよひづきよ)

 

――寛文年間(一六六一年~一六七三年)――芭蕉二十代の句と推定――

 

……そうして……そうして……やっぱり……つぼみの……少女……かさね……芭蕉さま……芭蕉さま?……芭蕉さま!…………

 

[やぶちゃん注:「源氏物語」の「玉蔓」の帖にある、

……姫君はきよらにおはしませど、まだ、片(かた)なりにて、生ひ先ぞ推し量られたまふ。

に基づく。「片なり」とは身体の未成熟性をいう。私には、どこか大人になることを拒否する気配――プエル・エテルヌスに通ずるような――少女性を匂わせる語である。「宵月夜」で新月に近い月の擬人化という点でも、「片なり」は相性のよい俳言である。

   *

 以上、私のブログの「――芭蕉夜伽――」「――芭蕉枕邊――」等々に採った計四十八句は、現存する芭蕉の満二十九歳までの句と推定される総てである(諸家によって異同があるが、誰かが一人でもこれより後の三十以降の句としているものは原則、採用していない)。以上が確かな芭蕉二十若き日の句群の総てと考えて戴いてよろしいと存ずる。なお、芭蕉の宗匠立机は江戸に下った寛文一二(一六七二)年二十八歳の頃と考えられている。]

 

――芭蕉は――この夕刻、午後四時頃――

…………息を引きとったのであった…………

 

« ――芭蕉最期の枕邊にて―― 見るに我も折れるばかりぞ女郎花 | トップページ | 杉田久女句集 307 杉田久女句集未収録作品 ⅩⅢ 大正八年(1) »