フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 篠原鳳作 芭蕉小論  (Ⅱ) ――芭蕉の末期の病床にシンクロして―― | トップページ | 杉田久女句集 306 杉田久女句集未収録作品 Ⅻ 大正七年(7) »

2014/11/17

『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 和田平太郎胤長屋敷蹟

    ●和田平太郎胤長屋敷蹟

荏柄天神社の前なり。胤長建保元年三月。奥州に配流の後。此宅地闕所(けつしよ)たるにより。昵近の諸士各是を所望す。然るに四月二日北條義時に此地ありしかは。即義時、金窪左衛門尉行親、安東兵衛尉忠家に割(さ)き與(あた)ふ。各爰に移住せり。今陸田の字に存せり。

[やぶちゃん注:この記載は頗る不十分である。まず、和田胤長(寿永二(一一八三)年~建暦三(一二一三)年)は、鎌倉幕府御家人で信濃源氏であった泉親衡が亡き将軍源頼家の遺児千寿丸を鎌倉殿に擁立して執権北条義時を打倒しようとしたとされる泉親衡の乱(私はこの乱自体が謀略と考えている)の首謀者の一人として陸奥国岩瀬に配流となったのであるが、彼は和田義盛の甥に当り、義盛は一族挙げて助命歎願を訴えたが(首謀者として捕縛された義盛の子義直と義重は赦免されていた)、結局、配流と決してしまう。しかもそうした際に欠所となった土地屋敷は一族連座が適応されない個別な罪状による個人の所領没収の場合、同族にそれを還付するのが原則であったにも拘わらず、強引に(当時の将軍実朝は義盛への屋敷地の引き渡しを一度許諾していた)義時が召し上げてしまい、自身の被官らにこれを与えた上、屋敷にいた義盛の代官を追い出してしまうのである。これが直後の和田合戦の直接の動機となったのであった。この辺りの詳細は、私の北條九代記 千葉介阿靜房安念を召捕る謀叛人白状和田義盛叛逆滅亡〈和田義盛の嘆願と義憤そして謀叛の企て〉を参照されたい。ここはせめて鎌倉九」の、

 

和田平太胤長第跡 荏柄天神の大門路より、西の畠地をいふ。【東鑑】に、胤長が屋地、荏柄の前に有て、御所の東に隣り、昵近の士各々是を望み申す。然るに今日、義盛は五條局に附て愁申ていふ、故將軍家の御時より、一族が領所收公の時、いまだ他人に賜らず。彼地は宿直祗候の便あり。拜領せんことを申す。忽是を達しければ、殊に喜悦のおもひをなす。然處、翌四月二日、此地を義時に賜ひける。行親・忠家兩人にわかち與へ、義盛が代官久野谷彌次郎を追出す。是義盛が、憤りを含み、逆心の一ケ條となれりといふ。

 

ぐらいは書くべきところである。

「建保元年三月」建暦三年三月。同年十二月六日に建保に改元されている。

「陸田」「りくでん」と読む。畑のこと。]

« 篠原鳳作 芭蕉小論  (Ⅱ) ――芭蕉の末期の病床にシンクロして―― | トップページ | 杉田久女句集 306 杉田久女句集未収録作品 Ⅻ 大正七年(7) »