フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ――芭蕉最期の枕邊にて―― 見る影やまだ片なりも宵月夜 / 芭蕉逝去 | トップページ | 橋本多佳子句集「海彦」  霧に鳩 »

2014/11/29

杉田久女句集 307 杉田久女句集未収録作品 ⅩⅢ 大正八年(1)

  大正八(一九一九)年

 

髷重きうなじ伏せ縫ふ春着かな

 

  新年

 

注連かけて屋根なき井戸やお降す

 

[やぶちゃん注:「お降」は「おさがり」で、元日に雨や雪が降ること又はその樋をいう新年の季語。]

 

あみの餠番する子等や初烏

 

[やぶちゃん注:個人的に好きな句である。]

 

雪搔いて雜煮菜掘りしところかな

 

晴衣かけて松の内なる衣桁かな

 

[やぶちゃん注:着物を掛けておく衣紋掛けを指す「衣桁」は「いかう(いこう)」「えかう(えこう)」と二様に読める。「晴衣」(Haregi)「かけて」(kakete)「かな」(kana)のカ行音及び母音「e」音の有機的連続の心地よさから私は「えこう」と読みたい。]

 

水仙に至りし雪の齒あと哉

 

かきまぜてまだぬるき湯や寒の入り

 

短日の雀に閉めて夕餉かな

 

壁によせて布團寒げに寢る婢かな

 

あたへたる足袋を婢がつぐ爐べりかな

 

大河豚の腹横たへし俎上かな

 

竈たくや石の如落つ凍て雀

 

料理人來て冬木根に竈すゑにけり

 

鴨料る庖丁鋭く血を戀へり

 

[やぶちゃん注:久女真骨頂の鬼趣句。こういうのは他の女流が真似ても、彼女の句ほどの鬼気は生じぬと私は感ずる。それほどに久女の「鬼」には熱い「血」が感ぜられる。]

 

活け殘りし水仙つけて甕久し

 

石鹼玉小さく破れたる疊かな

 

[やぶちゃん注:タルコフスキイに撮らせたい。]

 

靑天衝て春めく枝の光りかな

« ――芭蕉最期の枕邊にて―― 見る影やまだ片なりも宵月夜 / 芭蕉逝去 | トップページ | 橋本多佳子句集「海彦」  霧に鳩 »