フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 本ブログに於ける「澄江堂遺珠」公開予約の設定を完了した | トップページ | 死を »

2014/12/26

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十六章 長崎と鹿児島とへ 桜島と開聞岳

M565

図―565

M566567

図―566[やぶちゃん注:上図。]

図―567[やぶちゃん注:下図。]

 

 間もなく夜があけた。如何にも景色がよいので、到底暑いむしむしする船室へ下りて行く気がしない。六時、我々は汽船から小舟に乗りうつって上陸した。鹿児島附近の景色は雄大である。町の真正面の、程遠からぬ所に、頂を雲につつまれた堂々たる山が、湾の水中から聳えている。これは有名なサクラジマ即ち桜の木の島である(図565)。図566は鹿児島の向うの桜島山の輪郭を、鹿児島の南八マイル、湾の西岸にある垂水(たるみ)〔大隅の垂水ならばこの記述は誤である。後から「湾の東にある元垂水」なる文句が出て来る〕湾を越して西に開聞岳(かいもんだけ)と呼ばれる、非常に高い火山がある。これは富士山のような左右均等を持っていて、四周を圧している。ここに描いた斜面は、疑もなく余りに急すぎるであろうが、私にはこんな風に見えた(図567)。市の背後には低い丘がある。

[やぶちゃん注:モースの鹿児島着は明治一二(一八七九)年五月二十二日早朝と推定されている(磯野先生の「モースその日その日 ある御雇教師と近代日本」に拠る)。ここにモースがデッサンを残す桜島であるが、どうも私の知っている桜島の山容とちょっと異なるように思われる。特に麓の部分の溶岩ドーム状の形態は現在の形状と異なる(ように見える)。モースが見た後の三十六年後に起った大正の大噴火(ウィキ桜島」によれば、大正三(一九一四)年一月十二日に噴火が始まり、その後約一ヶ月間に亙って頻繁に爆発が繰り返されて多量の溶岩が流出、溶岩流は桜島の西側および南東側の海上に伸びて海峡(距離最大四百・最深部百メートル)で隔てられていた桜島と大隅半島とが陸続きになったとある)によって山容が変化したものか? それともこう見える位置があるのか? 識者の御教授を乞うものである。

「垂水」底本では珍しく石川氏による誤記注記の割注が、『〔大隅の垂水ならばこの記述は誤である。後から「湾の東にある元垂水」なる文句が出て来る〕』と出る。これは翌日行った大隅半島の垂水(元垂水)という地名と鹿児島湾とを混同した記載であろう。それでも『西岸にある』という言い方はやはりおかしい。

「八マイル」一二・八七キロメートル。因みに、鹿児島から鹿児島湾の西岸の約十三キロ地点は五位野の沖合辺りになる。位置的には開聞は十分に見えるはずである。

「市の背後には低い丘がある」この視点は鹿児島港であろうから、背後の丘とは城山と考えてよいであろう。]

« 本ブログに於ける「澄江堂遺珠」公開予約の設定を完了した | トップページ | 死を »