フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第十二章 戀愛(7) 三 色と香(Ⅲ) 肛門腺及び蛾類性フェロモン | トップページ | 我が都々逸師匠女子高生酒井春輔の大学受験の健闘を祈って »

2014/12/12

生物學講話 丘淺次郎 第十二章 戀愛(8) 三 色と香(Ⅳ) まとめ

 色でも香でも決して單に異性と居處を知らせ合ふためばかりではない。前の例によつても知れる通り、大抵の場合にはこれによつて相手の本能を呼び起し、その滿足を欲せしめることが出來る。生殖細胞を出遇はせたいといふ本能は、如何なる動物にも具はつてあるが、この本能はいつでも働いて居るわけではなく、生殖細胞の成熟する頃だけ著しく現れる。そしてその際特殊の感覺器を通じて刺戟を與へると、本能が急に猛烈に働いて、これを滿足せずには居られぬといふ程度までに上る。獸類や蛾類などの發する香は、主としてこの意味のものである。人間でも香と性慾の興奮との間には密接な關係があるが、人間は獸類でありながら特に鼻の粘膜の面積が狹く、隨つて嗅感が頗る鈍いから、到底他の動物に於ける嗅感の働を正當に察し知ることは出來ぬ。

« 生物學講話 丘淺次郎 第十二章 戀愛(7) 三 色と香(Ⅲ) 肛門腺及び蛾類性フェロモン | トップページ | 我が都々逸師匠女子高生酒井春輔の大学受験の健闘を祈って »