フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十六章 長崎と鹿児島とへ 船上にて――トビウオを見る / 長崎到着 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十六章 長崎と鹿児島とへ 最初のドレッジ »

2014/12/09

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十六章 長崎と鹿児島とへ 長崎到着

 朝の八時、我々は長崎湾に投錨。私は急いで上陸し、正式に知事を訪問して、我々の派遣の目的を説明した。他ならず、港内並にその附近の海で曳網を行い、帝国大学の博物館のために、材料を蒐集するというのがそれである。我々の仕事を都合よくするには、実験室に使用するよき部屋を手に入れることが必要である。一時間と立たぬ内に、我々のために税関で、大きな部屋を一つ見つけてくれた【*】。我々は曳網、綱、鑵、瓶を取り出し、その他の荷を解き、なお充分時間があったので、私は当地の展覧会を見に行った。

 

* 私は日本の役人の手ばやく、そして事務家的なやり口を示すためにこの事を記述する。いたる所で私は同様の経験をしたからである。

[やぶちゃん注:明治一二(一八七九)年五月十二日。

「知事」当時の長崎県令であった内海忠勝(天保一四(一八四三)年~明治三八(一九〇五)年)。周防国吉敷郡吉敷村(現在の山口県山口市)生まれの元長州藩士。禁門の変に参加、維新後は新政府に登用されて岩倉使節団に大使随行員として参加、後、地方官として長崎・三重・兵庫・長野・神奈川・大阪・京都の各県令・知事を歴任、明治三四(一九〇一)年には第一次桂内閣で内務大臣に就任している(以上はウィキの「内海忠勝」に拠る)。当時三十四歳。因みに当時、モース満三十九歳であった(モースの生年月日は一八三八年六月十八日)。

「当地の展覧会」原文は“a local exhibition”。これは地場産業の展示会ではなかろうか?]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十六章 長崎と鹿児島とへ 船上にて――トビウオを見る / 長崎到着 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十六章 長崎と鹿児島とへ 最初のドレッジ »