フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北條九代記 卷之七 夏雪 付 勘文 竝 北條修理亮時氏卒去 | トップページ | 橋本多佳子句集「海彦」  冬 凍湖 »

2014/12/30

橋本多佳子句集「海彦」  冬 牧夫 / 霜月夜

 牧夫

   ――福山牧場にて

 

群羊帰る寒き大地を蔽ひかくし

 

冬野かへる群羊に牧夫ぬきん出て

 

群羊に押され背見せて寒き牧夫

 

冬草喰ひ緬羊姙りにも従順

[やぶちゃん注:「緬羊」「めんやう(めんよう)」で家畜の羊(ウシ目ウシ亜目ウシ科ヤギ亜科ヒツジ属ヒツジ Ovis aries)のこと。特に毛用に改良された品種群を指す。「姙り」は「みごもり」と読む。]

 

寒き落暉群(むれ)を離るる緬羊なく

 

ポケットに「新潮」寒き緬羊追ひ

 

寒き緬羊耳たぶのみ血色して

 

[やぶちゃん注:「福山牧場」広島県福山市にある牧場と思われるが、ネット検索で固有名ではヒットしない。底本の昭和二八(一九五三)年の十月の項に、『福山市の「七曜」支部発表会に出席』とある。この折りであろう。]

 

 霜月夜

 

使ひ子走る昃ればすぐ風花して

 

風邪の眼に解きたる帯がわだかまる

 

除夜浴身しやぼんの泡を流しやまず

 

ひざ前(さき)に炉火立つ一切暮るる中

 

霜月夜細く細くせし戸の隙間

 

  ルオー展

 

寒き肉体道化師は大き掌(て)平たき足

 

寒き道化瞼伏せればキリストめき

 

いま降りし寒き螺旋階の裏が見え

 

   春日おん祭後宴の能 二句

 

月下に舞ふ照りてくもりて姥面(うばおもて)

 

月に立つ桜間龍馬すでに素(す)おもて

 

[やぶちゃん注:「春日おん祭後宴の能」春日大社の春日若宮おん祭の最後を飾る、十二月十八日の午後に演じられる後宴能(ごえんののう)。「桜間龍馬」(さくらまたつま 大正五(一九一六)年〜平成三(一九九一)年)」は金春流シテ方の能楽師。本名、桜間金太郎。当時、三十七歳。多佳子は当時、五十四。]

 

山路暮るる子が失ひし独楽ころがり

             (二十八年)

« 北條九代記 卷之七 夏雪 付 勘文 竝 北條修理亮時氏卒去 | トップページ | 橋本多佳子句集「海彦」  冬 凍湖 »