フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「海彦」  冬 凍湖 | トップページ | 橋本多佳子句集「海彦」  寒夜  / 室戸崎 / 奈良古梅園工房 / 散華 »

2014/12/30

橋本多佳子句集「海彦」  冬 枯崖 / 東大寺二月堂 / 狐 唐招提寺

 

 枯崖

 

  師誓子及び三鬼・暮石両氏に訪はれて

  会はず 一句

 

留守を来てわが枯崖を如何に見し

 

[やぶちゃん注:「枯崖」「かれがけ」と読むか。冬枯れした崖の謂いで、聴き馴れぬ語ながらしっくりとはくる。ネット検索では、

 一茎の鶏頭枯崖しりぞけつ  野澤節子

 枯崖の下あるときは愛し合ひ 吉田三枝子

の用例を見出せる。]

 

  飛火野荘(志賀直哉旧居)天狼同人会

 

直哉きゝし冬夜の筧この高さに

 

[やぶちゃん注:「飛火野荘」旧志賀直哉邸。奈良市高畑町にあり、この前年の昭和二八(一九五三)年より厚生省厚生年金宿泊所「飛火野荘」として使用されていた(昭和五三(一九七八)年まで)。現在は奈良文化女子短期大学セミナーハウス内「旧志賀直哉邸」として復元されている(学校法人奈良学園公式サイト内の志賀直哉旧居」に詳しい)。]

 

寒き壁と遊ぶボールをうち反し

 

相うつは凍(い)つるや解くるや氷と波

 

綿虫飛ぶ天光の寵暮るるとも

 

風邪の髪解けざるところ解かず巻く

 

風邪の身に漢薬麝香しみにけり

 

黄八丈の冷たさおのがからだ冷ゆ

風花や葱が主(おも)な荷主婦かへる

           (二十九年)

 

 東大寺三月堂

 

同じ寒さ乞食の身より銭鳴り落つ

 

仏寒しわめける天邪鬼に寄る

 

天邪鬼木枯しゆうしゆう突く音(ね)立て

 

凍てゆくなべ壊れやまざる吉祥天女

 

虎落笛書祥天女離れざる

 

[やぶちゃん注:「虎落笛」老婆心乍ら、「もがりぶえ」と読む。冬の激しい風が竹垣や柵などに吹きつけて発する笛のような音。]

 

 狐

 

狐飼はれてたゞに餌を欲る愛しさは

 

地を掘り掘る狐隠せしもの失ひ

 

狐舎を守る髪に狐臭が浸みとほり

 

われに向く狐が細し入日光

 

狐臭燦狐にはまる鉄格子

 

[やぶちゃん注:特異な表現句である。「こしう/さん//きつねにはまる//てつがうし」(こしゅう/さん//きつねにはまる//てつごうし)と読むか。「燦」は通常は視覚上の鮮やかに輝くさまをいうが、それをむっとする獣の臭いに響かせるのは面白い。個人的に欲を言うと「狐臭燦狐に嵌(はま)る鉄格子」とガッしと固めて見たい気はする。]

 

詩をしるす鉛筆狐きゝもらさず

 

 唐招提寺

 

白羽子に息かけ童女斜視(すがめ)になる

 

独楽舐るいま地に鞭うちゐしを

 

独楽舐る鉄輪(かなわ)の匂ひわれも知る

 

溝乾く伽藍凩絶間あり

« 橋本多佳子句集「海彦」  冬 凍湖 | トップページ | 橋本多佳子句集「海彦」  寒夜  / 室戸崎 / 奈良古梅園工房 / 散華 »