フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 只今 | トップページ | 予告 »

2014/12/06

尾形龜之助「夜がさみしい」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳

 

 夜がさみしい

 

眠れないので夜が更ける

 

私は電燈をつけたまゝ仰向けになつて寢床に入つてゐる

 

電車の音が遠くから聞えてくると急に夜が糸のやうに細長くなつて

その端に電車がゆはへついてゐる

 

 

[注:「ゆはへついて」はママ。]

 

 Yorugasamisi  

 

 夜 很寂寞

 

我睡不着,所以 夜 深

 

开着 我在被里仰着躺

 

来了电车的声音,夜 就一下子成像一根线细长

电车 被系在 夜 的一端 ……

 

      矢口七十七/
 

*   *   *

[心朽窩主人注:共訳者である矢口七十七氏は中国語に堪能な北京在住の日本人である。彼はこの詩に添えた写真を胡同を彷徨いつつ撮った。とある居住区の守衛室の前の壁面に取り付けられていた電球が彼を捕えた。

彼が夢中でシャッターを押していると、中から咎めるような目つきの守衛の老人が出てきて、何をしているのだと彼に問いかけた。

彼は思いっきりの笑顔を見せて、電球を指さしながら答えた。 

――お爺さん、この電球を見てください。今では珍しい白熱灯ではないですか。目につくのは蛍光灯ばかりで面白くないと思っていたところ、この白熱灯が眼に入ったので、思わず撮影させてもらったんです。本当に素敵です。お爺さんはどう思われますか?―― 

すると、その老人は途端に相好を崩し、彼に言った。 

――おお、君の言うとおりだ。昔はこんな電球ばかりだったのにねえ。君は若いのに珍しい人だ。こんな何でもないことに気づくなんて。もしかしたら君は北京の土地っ子ではないね? 都会の者はとうの昔にこういうものの良さを感じなくなってるからね。どうぞ、どうぞ、好きなだけ撮影していきなさい。―― 

……私は添える写真を検討するために、先ほど受け取った消息の中の、このしみじみとしたエピソードをどこか羨ましさをさえ感じつつ読んだ。……このお爺さんは彼を日本人だとは思わなかったのだ……彼の心に繋がる沢山の人々が「そこ」にはいるのだなぁ……と――]

« 只今 | トップページ | 予告 »