フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  理智光寺蹟 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  大塔宮石塔 »

2014/12/29

『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 鑢塲

    ●鑢塲

理智光寺蹟の西方(さいはう)の山上にあり。古傳に願行大樂寺本尊不動の像を鎔工(ようこう)せし所なりと云ふ。

[やぶちゃん注:「新編鎌倉志卷之二」に、

鑪場(たたらば) 西の方にあり。願行、大山(をほやま)の不動を鑄(い)たる所ろ也と云ふ。按ずるに、此所ろ胡桃山(ごとうざん)大樂寺の舊跡に近し。

とあるが、現行の鎌倉地誌類ではこれを掲載するものは殆んどない。一つの推定のポイントになるのは明治初年に廃寺となった「大樂寺」(だいらくじ)であろう。願行によって胡桃ヶ谷(浄明寺の浄妙寺の背後の尾根を越えたところにある。これを山号にした)に開かれた寺(但し、永享元(一四二九)年の回録による焼失後は覚園寺寺域の薬師堂ヶ谷に移転したと考えられる)で、本尊は願行が鋳造した鉄造不動明王坐像。これは通称を鉄不動・試みの不動と呼称され、本文にあるように願行が大山阿夫利神社の本尊不動を鋳るに際して試作品として鋳造したものと「大山不動霊験記」に伝えられてある(覚園寺愛染堂――これ自体が明治三八(一九〇五)年に大楽寺本堂を移築した建物であると岡戸事務所編の「鎌倉手帳」の大楽寺跡にある――に現存)から、その踏鞴(たたら)場がここだったのである。

 以上、理智光寺蹟と大楽寺の位置関係、踏鞴の構造などを考えると、浄妙寺裏の西北にある熊野神社の東北にあった尾根(住所は二階堂。現在は完全に宅地化されている)上に登り窯の如くあったのではあるまいか(偶然乍ら面白いことに浄妙寺裏この熊野神社の直近には石窯を持ったレストランがある)? やはり、もはや消失したものと考えた方がよさそうだ。]

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  理智光寺蹟 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  大塔宮石塔 »