フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  大塔宮石塔 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 座禪窟 »

2014/12/29

『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  永安寺舊蹟

    ●永安寺舊蹟

永安寺舊蹟は瑞泉の門外右の谷なり。永安寺は源氏滿の菩提所なり。開山は曇芳和尚。永享十一年己未二月十日。持氏此寺にて自害せらると云ふ。

[やぶちゃん注:「新編鎌倉志卷之二」に、

○永安寺舊跡 永安寺(えいあんじ)の舊跡は、瑞泉寺の門外右の谷なり。永安寺は、源の氏滿(うぢみつ)の菩提所なり。氏滿を永安寺璧山全公と云。應永五年十一月四日に卒す。開山は曇芳和尚、諱は周應、夢窓國師の法嗣也。建長寺瑞林菴の元祖なり。永享十一年己未二月十日、持氏(もちうぢ)、此寺にて自害せらると云ふ。

とあるのを引き写している。

「源氏滿」第二代鎌倉公方足利氏満(正平一四/延文四(一三五九)年~応永五(一三九八)年)。

「曇芳和尚」曇芳周応(どんぽうしゅうおう ?~応永八(一四〇一)年)は臨済僧。京都天竜寺の夢窓疎石に師事して法を継いだ後、鎌倉に招かれて寿福寺・円覚寺・建長寺住持となった。南宋の牧谿(もつけい)の画風を学び、花鳥竹石の絵をよくした。

「永享十一年」西暦一四三九年。

「持氏」足利持氏。義教は許さず、憲実に持氏の追討を命じた。永享の乱の終局、関東管領上杉憲実は第六代将軍足利義教の絶対命令を受け、仕方なく永安寺に幽閉していた持氏を攻撃、彼はここで自害し果てた。]

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  大塔宮石塔 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 座禪窟 »